仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地・・・探索記ブログ~ Dark tourism ダークツーリズム

 バーンアウトして、冷えて固まった溶岩のようになってしまったベッド、それを、出火当時、血なまこになり、必死に消しただろう、奮闘後の消化器が横たわっていた。 焼身自殺だったら、自ら消そうとするだろうか。 いや、吹き出る黒い煙を見て駆けつけた、別の離れに住ん ...





 道内の廃墟巡りと、ついでに古いおもちゃ屋さんを巡っての、日々を過ごすなかで、今では、白昼夢だったのではと、薄らいだ面影を先鋭化させようと試みるが、その場所の詳細は頭の中に甦ってこず、なので特定もできず、幻影だったのではとさえ、思えてくるが、実際、写真は ...

深夜のファミリーレストランに集まった『薄昏』メンバーの月例ミーティング。その席で澪が口にした『レッドルーム』の一語は、煮詰まりかけていた会議をにわかに活気付かせた。「・・レッドルームで朝日を、か。廃墟マニアとして一度は見てみたいものですなァ!」興奮した金 ...

 半世紀以上も廃墟化していたというラーメン屋の店内にて、遺体発見のニュースがネットの片隅でちょっとした騒ぎになったのは、一年と少し前ぐらいのことだっただろうか。 映画「スタンド・バイ・ミー」を思いおこし、少年時代のゾクゾクするような好奇心が湧き上がりでも ...

 ピンクレディーがレコード大賞を取った日の夜から、なぜか数日間、日記の更新が途絶えていたキョーコさんが、誰かに言い訳をする道理も筋合い無いだろうに、くどくどと弁解をしながら日記を再開する。 あの誕生日の日、肌着のプレゼントに涙ぐみながら、日記をやると宣言 ...

 あと五年は再訪問をしないだろうと、廃屋の熟成具合をそっと見守っていこうとしていた物件ではあったが、コメント欄より、気になる報告を受けることになった。「つい先日行ったのですが、廃屋のひとつが完全に解体されていました。もうあの廃墟を拝むことはできないのです ...

↑このページのトップヘ