仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地・・・探索記ブログ~ Dark tourism ダークツーリズム

 埃が堆積して汚らしくとも健気に笑みを絶やさないゆえ、殊更物悲しく憐れみさえ感じる、大きく開いた口の中に、飲みかけのドリンクを放置されたままの、ドラえもん人形がいじらしくも立ち続ける、正面入口のドアより、堂々・・・入らせてもらう    跳躍して乗り越えること ...





 フォークシンガーブームの頃のみうらじゅん。 病的に足が細っそい。ウシブーム マスコミに取り上げられるために、前年から仕込んでおいたそうです。ウシ好きなんてそういないから、見事、複数のメディアに露出することに成功。 おかげで、いい男性(ひと)紹介コーナー ...

 玄関を出たすぐ横、柱にもたれかかっていた、青年家主の愛用だと思われる、薄汚れたママチャリが、まるで、今か今かと、発車の瞬間(とき)を待ちながら、かれこれ、数十年間、そのまま・・・・・・ 暑い夏の日、家まわりの雑草でもむしったのだろう。汗の染み込んだタオルを乾 ...

 マイブームやゆるキャラの名付け親というより、漠然として前から存在はしていたが、誰も気にとめもしなかったものを、理屈をつけてカテゴライズしたといったらいいのか。 今やサブキャラの帝王と言われる「みうらじゅん」の生誕60年を記念した「MJ's FES みうらじゅんフェ ...

 北の片田舎での、生まれて初めてのファーストフード体験で、「これは美味しいよ!!」と、取り憑かれたように夢中になり、気づけば連日のように店に足を運ぶようになっていった、キョーコさん。 彼女を一瞬のうちに虜にしたという「Mr.フライデー」なる謎のファーストフー ...

 まるでお遍路巡りのような行程を経て、遂に、横浜の廃墟ホテル「トロピカル」、屋上のある最上階まで達することに    横浜のリーディングカンパニーでもある、あの崎陽軒の看板を、一番間近で見てやるんだと、自分に目標を課しながら、壁を越えて、得体の知れぬ輩が潜 ...

↑このページのトップヘ