仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地・・・探索記ブログ~ Dark tourism ダークツーリズム

 先日、あてもなくLightroomというソフトをただひたすらにいじくっている時に、一通のメールを受け取る。   廃墟について調べる中で貴ブログに出会い、お一人で撮影をされているKailas様の精神力と魅力的な写真に衝撃を受けました グーグルストリートビューを見ている時 ...





 家主の書斎。机の横に掛け軸。アイヌ民族が描かれている。 ちなみに、僕が北海道で知り合った余市の人で、日本人にしてはやけに浅黒くて、彫りの深い人がいた。本人はこれっぽっちもそのような素振りや、言動は無いものの、おそらく、アイヌの血が混じっているのだろうと ...

 多摩湖湖畔沿いの周遊道路は、一車線しかなくてしかもエライ細っそい廃道のような静けさの中、昭和からのラブホテルがどうにか生き長らえているというのが実情である。近年では次々とそれらがもう限界だとばかりに、雪崩を打って廃墟堕ちとなってきているのが、今回の一連 ...

 ある周期をもってキョーコさんが塞ぎ込み辛辣に心情を書き綴る時間がまた、この日もやって来てしまうことになる。 たかだか歳は十代、学年は中学三年生でありながら、たった数年前の過去を振り返って、「あれが青春時代のドまん中であった」と、まるで高齢女性作家の回想 ...

   皮肉な運命!キョーコの失踪を手伝ったのは、妹を想う姉しのまいの30余年越しの家族愛だった・・。[登場人物] キョーコ(菊田京子):道東の廃屋に40年前の日記を残した少女。 しのまい:キョーコの姉。イノセントなこころの持ち主。 白河:廃墟探検家。廃屋の日記 ...

↑このページのトップヘ