仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地・・・探索記ブログ~ Dark tourism ダークツーリズム

 地域による”カルチャーギャップ”というものがある。風習や因習だったり、なにげない日常会話に挟み込まれる、方言だったり。 北海道で旅行中に知り合った現地の人と雑談をしていて、不意に、食いかけの”うまい棒”を渡された時のこと。「なげてっ」 彼も写真を趣味に ...





 グリュック王国でみかけた、ケタ違いにでかい銅像もそうだったが、ここまでの大規模な物になると、ちょっとやそっとじゃ撤去もできない。側溝の蓋や橋のネームプレートまで盗む鉄くず強盗も、「コストに見合わない」と敬遠気味のようだ。 その名は「永安鐘」。 北京市か ...

 樹脂製の黄色い大型タンクが備えられていた。エリア8カフェで使用されていた、給水用目的の物だろうか。 背後には、エリア8マンションに設置された、特殊な巨大金属遮蔽板の恩恵を一身に享受する、資産家の大豪邸。 豪邸の手前には老朽化した2階建ての木造家屋があるが、 ...

 「週刊新潮」の記事によると、お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志が、2010年8月に新橋駅近くの土地を8億円で購入をし、今年3月25日に約16億円くらいで売却。なんと8億円もの転売利益を得たのだとか。  松本の見事な”土地転がし”のテクニックには、「完全にプロのや ...

 ノートの背表紙など気にも留めていなかったが、今回撮るにあたり詳細を確認をしてみたら、「なかよし新年特大号ふろく」であったことが判明をした。 キョーコさんは中学三年生の15歳になったばかりだが、「なかよし」という少女マンガ雑誌は、年齢的にまだ読むものなのだ ...

 同じコンパートメント内のニ人の北朝鮮ビジネスマン達は、僕に向かって別れの挨拶を済ませると、足早に薄暗い平壤駅構内の中に消えて行った。 視界も効かないような暗がりの平壤駅のホーム上で、置き去りにでもされたかのようになる。 いい歳になった大人が、これほどの ...

↑このページのトップヘ