仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

 真実か否か、曰くつきの廃墟ドライブイン、丸豊。店内備品や不法投棄の物品が乱雑に死屍累々とそこら中に転がり散らばる、もう見慣れた廃墟風景。まずは、私的にはルーチンワーク化している、トイレ確認から。 カウンター横奥のトイレ区画の壁にあったのは、リースキン社 ...





 巨大廃工場跡と言っても、一部の施設は現在も稼動中とのことなので、そっちへも散策に行く予定。平日の昼前に誰もいないところを見ると、北海道のこういった一連の施設やお食事処などもそうだが、何を基準に休んでいるのかがイマイチ不明。東京だったら、床屋は月曜が定休 ...

 なんでも、ここを経営していた家族の息子さんが、人身事故で相手方を死亡させてしまったという。程なくして、お店からは灯りが消え、以降、住居も兼ねていた店内に、家族達の姿が目撃されることはなかったいう話だ。 『ドライブイン丸豊』の場所は、北海道の岩見沢から国 ...

 仙川団地の区画内に入り異質に感じたのは、そこそこ都心に近い立地ながら、土地の余剰スペースが不自然に多いこと。建物の老朽化、その放置され具合などにも驚く。他にも、敷地内中央部にありながら、誰もいない商店街の余りにもな静けさなど。 東京に住んでいて普段、団 ...

 誰もいないひとりきりの、茫漠たる廃ファクトリーを、漂い続ける。立坑櫓を中心にぐるぐると周遊し、時には、まだ使用されていそうな建物を、チラリと覗きながら・・・ 穏やかに緩やかに、このスタンスを崩さないで行こう。 警察案件はむしろ、東京でのことの方が多い。何十 ...

↑このページのトップヘ