沢浦通洞
浦幌炭鉱の職員住宅を後にして、ダートの道をひた進む。

前日の台風直撃の影響もあり、所々車両が通過できないような場所もあったが、無理やり木々を持ち上げて、ルーフをガリガリ擦りながらも、なんとか「沢浦通洞」に到着。
倒木
車を降りてからの、沢浦通洞への道。
台風の影響をモロに受けている。



川
横を流れる川。

絶好のフィッシングポイントにも見えるが、山奥過ぎて人っ子ひとりいない。



プレート
念のために懐中電灯を持参しましたが、



中
そんなやからの存在を見透かしたように、埋められていた。



木々
いつクマに遭遇しても不思議ではないと思い、



道
この後あわててホームセンターに駆け込み、熊よけの鈴を購入。



狩猟者のみなさんへ
ハンターの人にも注意する必要があるのが北海道。



ソーウンベツ林道
バイクでも来たくなる道でした。


浦幌炭鉱と職員住宅 おわり

こんな記事も読まれています