病院
湧別購買を過ぎて、鬱蒼とした森の中より現れたのは、湧別炭鉱病院。

柔らかなカーブを描いた空色の2階建の建物は、説明が無ければアメリカの古き良き時代のモーテルとも見紛うような、モダンなデザイン。

人々が最も活動的になる昼過ぎに、かなりの規模を誇る元大病院、森の中。たったひとりで挑むというのは本当に寂しくて心細い限りだが、意を決して一歩を踏み出す。
末広
末広の種馬参上!



入口
こちらが入り口です。



ドア
日差しだけだったら絶好のお散歩日和。。。

この落書きだらけの状態にはちょっとたじろぐ。



受付
受付があった場所に訪問者が置いていったお~いお茶。



廊下
暗い廊下。

どこも本当に落書きだらけ。



スロープ
入ってすぐ、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館のような、渦巻き状の傾斜したスロープがある。

コスト的にエレベーターの設置が無理な場合に、骨折した炭坑夫が車椅子で昇り降りするには重宝したのかも。

いずれにしても洗練されて美しいデザインだ。



手洗い
トイレの手洗い場。



和式便器
ここで用を足していた人達は、これより数十年後、日本人以上に金を持った中国人が、物価が安いと日本に押し寄せて、ウオシュレット付き便座を買い漁るとは、想像できたでしょうか。



外壁
惚れぼれする湾曲。



少便器
自然と隣合わせの小便は心地よかったのか、寂しかったのか。



部屋
原型を留めない部屋。



破損
流麗なデザインも風前のともしび。



スターダスト
近所迷惑にならないとはいえ、花火なんかやってるんですね。



カムリ
大森カムリひで。



勝利
十年後にでも振り返ってみれば「本当に恥ずかしい行為なんだよ」
の意味も込めて、あえて晒し続けることにする。



森
大自然の大きな廃病院にひとりぼっち。



あっ
あっ、いい~!



配管
給湯器でもあったのでしょうか。



平成元年
平成元年の記憶。

察するにカップルが二組。
まさ&けい とも&たこ



骨組み
廃院になるにあたって、一切合切持ち去った様子。



階段下
階段下の出口。別棟の小さな建物。



タイル
廃墟でもタイルと便器だけは艶を放ち続ける。



電話番号
この電話番号は、札幌の固定電話らしい。



日本
日の差し込む、かつて病室のあった場所。



仕切り
一つの部屋が仕切られていた、その残骸。



サッシ
コンクリート製の建物に鉄の窓枠は、当時の北海道でも贅沢な造りだったことでしょう。



外側
スロープに一面のガラス壁面。



柱
ギリシャ神殿を思わせる柱群。



風呂横
お風呂横の流し場。



浴槽
狭いが、眺めは抜群のお風呂。



浴槽中
浴槽の中。



男子トイレ
破壊行為。



逆光
作品の中のオブジェのような。



奥行き
今更ながら、死体が転がっていても不思議じゃない光景。



クラウン
80年代は2.8のターボで速度189キロぐらいが限界だったんでしょうか。
その時代でもちょっと遅いような感じが・・・



ソアラ
セクシーソアラ。


緩やかで優雅なスロープを堪能しながら上へ上へと…
廃病院に潜む物陰の死角、その先にあるなにか。
自分以外の侵入者、得体のしれない動物。

細心の注意を払いながら先へと進み続ける・・・


続く…

「スペクター復活」 雄別炭鉱・病院と訪問者の証し3