化粧台
紋別の鴻之舞付近に散在する廃屋を訪ねた後、次は鉱山跡に僅かに残る、人々が営んだ痕跡を求めて、奥深くへ入り込み、金山の夢の跡を、散策してみる。

ゴールドラッシュ跡に眠る廃屋巡り

まずは、寸断された橋の向こうにあった、鴻之舞中学校の教職員住宅跡から。
末広町跡
鴻之舞の鉱山跡一帯は、紋別市内に住む若者の肝だめし廃墟スポットにもなっている。

彼等好みの学校施設等は既に取り壊されてしまったが、それでも道沿いには、雰囲気のある当時の建物が崩れつつもまだ残っていて、夜にでも来れば、束の間の恐怖体験を味わうには、もってこいの場所。

ちなみに、
住友金属鉱山の一部施設はまだ稼動をしている。夜中に行くと、暗く静まり返った廃鉱山施設の中にポツリと、事務所らしき小屋があり、そこから漏れる怪しげな窓灯りをみて、絶叫をして帰ってくるのが、鴻之舞心霊ツアーのしきたりになっているそうだ。



鴻紋軌道
鴻紋軌道記念碑。

名寄線の紋別駅でさえ、とうの昔に廃止となりましたが、こちらは1948年に廃止。



鴻之舞鉱山跡
慰霊碑と石碑。



ノート
これが北海道だけなのかはよくわからないが、慰霊碑や記念碑の後に回りこむと、このような引き出しがあり、ノートなどが用意してある。

有志の方で作られた、鴻之舞の歴史を紹介したHPがあり、こちらで書き込まれたメッセージが、WEB上でも読めるようになっているようです。



橋梁
トロッコの橋梁。

コンクリートは500年の耐久性があるらしいから、鴻之舞一帯が再開発でレジャーランドにでもならない限り、一番最後まで残っていそうな建造物。



立入禁止
スッポリと無くなってますが、細心の注意を払い、端を伝って前進。



欄干
コンクリートのがっしりとした橋なんですが、爆弾低気圧にでも襲われたのでしょうか。



教職員住宅
ありました。

鴻之舞中学校の教員住宅跡です。



11
北海道の古い木造住宅でよく見かける作り。



入り口
表記が外人住宅風だと思ったが、まさか土足仕様?



台所
材質がほぼ、木。
かなり簡素。



壁紙
唯一壁紙だけに、建築デザインのこだわりを感じさせる。



川
流麗な川の流れを見つつも、黙々とテストの採点に勤しむ教師。



男性用少便器
こちらも、川の流れを見つつも、小便タイム。

やはり、川へ垂れ流しなんでしょうね。



化粧台
女教師の部屋だったのでしょうか。

化粧台にモケット地のスツール。



fujiスツール
底を見ると、Fuji stool社製の『ガゼール』。

当時の独身女性教師には敷居が高そうなので、教師夫婦住まいの、嫁入り道具と勝手に予想。



外側
元教え子が数十年ぶりに訪問をし、あのマドンナ先生が捨てるように置いていった、化粧台セットの成れの果てを目の前にしたら、、、、一体、何を思う............



湯飲み茶碗
枯れ葉と同化するほど地味な色の、湯飲み茶碗だけが残る。



網戸
結構アバウトな手製の網戸。



押入れ
二段ベッドが並んでいるのかと思ったが、流石にこれは押入れ。



橋全長
老朽化しているとはいえ、山奥で尽力した教師達の住宅にしては、かなり質素と言わざるをえない。

余計な同情をしつつも、せっかく危険な橋を渡ったのだから、道路より山へ深く入り込んだ、この元鉱山町付近を、もっと練り歩いてみることにしよう。



沈殿池
歩いて行くと、景色が開けた。

家に帰ってこの画像を振り返って見るまでは、これは形からして鉄道の線路跡だと思っていたが、どうやら地図によると沈殿池のようだ。



前進
更に奥深く、お散歩気味に進んで行くと、



タイル浴槽
森の中からは、人々が居た証しの品々が、ざっくざっくと出現する。


つづく…

「謎ジュース、クインター」 鴻之舞廃墟練り歩き2