屋根瓦礫
 朝も早くから、ひとり廃病院を彷徨いつつ、たまに通る車両を見ると、何故か咄嗟に建物の死角へと身を潜める男。
材木
 建物周囲に横たわる材木。

 散策疲れの手頃な腰掛けにどうぞ。



板並び
 唐突に、トム・ハンクスがピアノの鍵盤に見立てて、跳ねながら踊るのを想像する。



端
 あのおもちゃ屋さんは実際にあって、行ったことがあるんですが、ちょうど閉店セールをやっていて、色々買い込みました。

 マンハッタンの超一等地にありながら、かなりの売り場スペースを誇っていた。同様の立地にあるトイザらスとは違い、昔ながらの陳列方法と接客なので、ネットとの競合もあり、廃業へと追い込まれたのも頷ける。

 当然、現在はもう存在しません。



ひも
 先程の紐同様、同じような部分がひ千切れそうな糸一本となり、ギリギリ張っている状態。



道路
 数十分おきぐらい、たまに車が通るので、



鍵ロック
別に盗掘をしているわけでもなく、やましいことをしているわけではないですが、とりあえず引け目を感じる行為だということは自覚しているので、咄嗟に死角へと身を隠す。



横柱
 ここ一帯、数十キロは無人地帯かもしれないが、行き止まりの山中ではないので、通り過ぎる人はいるようだ。



損壊
 心の中はすでに廃高層アパートへ    



電源
 電源設備。



木々
 真冬に訪問をする人は、寒いからといって、間違えても焚き火などしないように。



壁面
 人の存在はともかく、虫や動物と出くわさないのも、良い散策日和だということの条件。



草叢
 有害廃棄医療器具や薬品などありそうだが、土にでも埋めて行ったのだろうか。



瓦礫階段
 こっちの階段を登ってみます。



間
 隙間をなんとかくぐり抜けて。



赤錆
 近代的な設計。



ロフト
 もげた家屋の断面を横から。



穴ひび
 千丈の堤も蟻の一穴から。



影と病院
 地面に眼を向けると、よく見るコンクリートの粘液状のやつではなく、



結晶
 それが結晶化したものが。



結晶2
 パリっと割りたい衝動があるが、



結晶3
 そのままにしておく。



アーチ入り口
 長時間にわたる散策も、そろそろ終わりということで、



アーチ壁
戻ってきました。



メイン
 メインゲートへと。



蝶番
 蝶番のデザインに感心しながらも、



窓板
朽ちゆく、



レンガ
羽幌炭鉱廃病院に、



サイド
後ろ髪を引かれつつも、



遠景
次なる廃墟、



遠景2
羽幌炭鉱跡の廃高層アパート群へと、いざ、車を走らせる    

 と言っても、それはすぐそこに…


羽幌炭鉱の廃病院とホッパー見回り

おわり