ミニカー
  ドライブイン丸豊の店内散策を、更に加速させて行く。



畳個室
 踏み込んだ部屋は畳部屋。VIPルームか、人目を気にする子供連れ客用にと、丸豊主人が限られた店内スペースを割いて用意した、アットホーム小部屋か。

 客がいなくて暇を持て余した丸豊主人が、大の字で寝そべり、束の間の白昼夢を見て感じ、薄笑いを浮かべている光景、それを、呼びに来た婦人が目撃し、呆れながら呼び起こして、二人で冗談の一つでも言い合いながら、厨房へと駆け込む様子を、想像してみる   テキパキと注文を取りに行く息子   絵に描いたような微笑ましく、幸せな日々。

 丸豊の息子がもたらした悲劇とその闇。益々混沌とする店内と謎。

 東京住みの廃墟散策者が、ここまで他人の家庭事情、それも闇へと、とうにに葬り去られた件に、首を突っ込む理由とは・・・



カバン
 小部屋はもうひとつあった。昔のRPGゲームなら、同じデータの使い回しで、カバンの画像を付け加えただけのような絵に見えるが、これは違う。

 色といい、高齢男性用の物だろう。御主人が投げ捨てていったのが濃厚と見る。



カケブトン
 少し離れて、『空知クリーニングKK』の仕上伝票。書き込まれたボールペン文字は、癖が強く判別しにくかったが、おそらく『カケブトン』だろう。2.400円とはちょっと高いとも思ったが、数量は2なので、今の物価と比べても結構リーズナブルな設定。

 寝具なら自分達用の物だろうから、紐で縛って洗濯機にぶっ込んで自前でやればとも思うが、わざわざお金をはたいてクリーニングに頼むところをみると、清潔好きで、家族の安眠を切に願う母親であり、家族関係はきわめて良好だったことを窺わせる。



お飲み物券
 畳の小部屋を出て、床下に目をやると、お飲み物券の束が。『ミートハウス キャッスル』とある。同じ敷地内で、ステーキ屋でもやっていたのだろうか。



レパード
 読み捨てられた車雑誌。今はなき日産『レパード』の記事がある。レパードにはバックミラーにワイパーが付いていて「なんて先進的なんだ」と、驚いた記憶があるが、全く普及しなかったところをみると、無駄で過剰な装備だったようだ。



かみかざり
 宴の後。紙の飾りは手製。丸豊夫人によるものか。御主人か、例の息子か、誕生日でも祝ったのだろうか。今では全てが虚しい。

 その向こうには・・・



ミニカー
 イタリアのスーパーカーだろうか。裏を見ると外国製のミニカーだ。事故を起こして、丸豊を放棄せざるを得ない状況を作った、息子の物か。幼少期の思い出、大好きだったスーパーカー。熟読した車雑誌   

 生まれながらの、生粋のカーマニアである、丸豊の息子の暴走事件・・・と、捉えるのは、まだ、早計である。



ボウリングバッグ
 どうやら、ボーリング道具を入れるバッグ。『ファミリースポーツの殿堂』の文字が、なんとも皮肉である。畳の小部屋にポツンとあった、用途不明の中途半端なサイズのバッグ。あれもボーリングバッグなのだろう。

 当時の栗沢町、さして娯楽の無いこの場所で、まだ息絶え絶えで残っていたボーリング場。丸豊ファミリー勢揃いで、マイバッグ、マイシューズ、マイボール、持参で、スコアを競い合い、大盛り上がりのウィークエンド。

 言い方は悪いが、現状の有り様は、例の息子が、とんでもない場所へ、ストライクを決めてしまった故なのか・・・・・・

 その、ネガティブな噂を払拭するためにも、ここより、丸豊歴史の断片を拾い集め、反証をするのが、僕がすることのできる、唯一の、務め、おじゃまさせて頂いている廃墟探索者の大義、謝意、でもあるのか。



飾りと箱
 丸豊夫人の吹き零れ溢れ出る愛情。その場に、もし旅人が居合わせたなら、最高の思い出となったろう。



ケミカル
 瓶の表記は『レモンエキス』。当時はコンビニの流通網も無い時代。フレッシュレモンなども、容易に入手できなかったのだろう。こだわりの味付け、レモンをなんとか代用品のエキスで実現。ドライブイン丸豊の名物は、レモンを使った爽やかな料理、レモングラス風味のステーキか、ハンバーグか。



ジェミニオート
 散乱する床、そのほとんどが車雑誌だ。中古車雑誌も多い。幼少の頃より、車を愛してやまなかった、丸豊の息子。免許を取る前後に読み耽るカー雑誌、中古車雑誌。初めての愛車で有頂天、北の大地の果てしないストレートで大暴走・・・

 着実に、外堀が埋まってきてしまったようだ。物は嘘を言えず、僕は真実から抗うことはできない。現実を直視するのみ。


 暗鬱たる気分で、車雑誌の山を掻き分けると、その横には、女性による、ならではの品が。その存在感、輝きを放つ燦然たるその体躯、恍惚感、カー雑誌の山の陰翳を照らし出し、消し飛ばす、陽の気   

 打ちひしがれた廃墟散策者が、丸豊の母のオブジェに、閃光一縷、救われることになる・・・



つづく…

「マザーシップ」 廃墟、『ドライブイン丸豊』の闇.4

こんな記事も読まれています