横
 街中を歩いていて、ふと見入ってしまう、廃墟同然、朽ち行く寸前の、誰が住んでいるのか謎なアパート。そんな物件を、紹介していきたいと思います。



2表
 近代的な建物が並ぶ街中に、異彩を放つ、木造2階建の古びたアパート。場所は、京王線の国領駅からすぐだが、込み入った路地にあるため、他所者が運良く辿り着くには、かなりの偶然が重ならないと無理だろう。

 国領駅周辺は、路線の地下化により区画整理が行われ、古い民家やお店が根こそぎ無くなってしまった。そんな状況で、かろうじて生き延びた物件が”この”アパートである。東京の抗い難い光景がここにもあった。



国領廃アパート全面2
 雨戸で閉ざされた部屋。人の住んでいる気配は無さそうに思えた。



電線
 垂れ下がるケーブル類。真夏の炎天下、クーラーの設備も無さそうで、人がいたとしたら、熱中症で死亡のケースだ。



溝
 この溝スペースをセンターとして、通常のアパート2棟分の大きさがある。



電柱
 最近では見ないトタンの雨戸。



遠景2
 もし、このアパートが現役だとしたら、建物の老朽化からして、大した賃料は取れないだろう。駅からすぐ近くの物件ということもあり、建て替えられるのも、そう先のことではなさそうだ。

 全景を撮ろうと、駐車場の奥から撮影を試みたが、後でこの行為が、ちょっとした因縁をつけられることに・・・



籠城
 一番端というか、駅から近い部分に、どうやら人の気配が   

 しばらく撮影をしていると、自転車に乗った主婦から「あなた、さっきも後の会社で撮影をしていたでしょう」と、絡まれる。なんのことかわからなかったが、どうやら、このアパートの全体像を撮ろうと、駐車場へ入って撮影したことを、注意でもされたようだ。

 街中での撮影など滅多にしないのだが、たまにやってみると、これである。北海道の廃施設などでは、一日中いても、誰一人見かけず、心置きなく自由に撮影が出来るが、都会では些細なことで、人の監視の眼があり、行動に制限がかかる。



塀
 おばさんの話をよく聞いてみると、どうやら、後方の会社の中で撮影会があり、その延長で僕がまだ写真を撮っているから、まだ終わっていないのかと、疑問に思ったようだ。

 「個人の趣味でこのアパートを撮っているんです」と言っておいたが、一般の人からしたら、ただの潰れそうなアパートでしかなく、『なんでこれを・・・?』以上の感想はないだろう。理解はされていないと思うが、とにかく、妙なぬれぎぬのようなものは晴れたし、絡まれてもいなかったようなので、安堵する。



道路2
 魅惑的な廃アパートの反対側へと   



裏側2
 都会に、まだこんなのがあるんですね・・・。奥の2階は蔦で埋まってます。



裏
 唯一ひと気のある部屋の下には、真新しいプロパンガスが。



出口
 廊下が通っていて、これは非常口になるんでしょうか。ドアはボロボロ。



階段2
 エントランスです。やはり、この巨大なアパートに、たったひとりだけ、籠城中のよう。それにしても、何時の時代の物だろうか。



中階段
 ダークサイドへと、誘われそうな木製階段。



奥
 半開きのドア。一部屋を残し、廃墟化が進行中・・・・・・

 見応えのあった思わぬ収穫の廃アパート。

 世の限りある限界廃アパートが、取り壊されるその前に、更なる物件へと、触手を伸ばして行かねばと、誓った、真夏の熱い日の昼下がり   


終わり