ホテルニュージャパン 最上階の廊下
 不審火による放火跡の階とは違い、物が散乱をし雑然としながらも、かつての面影を留めるその内装の状態に、安堵を覚える、ホテルニュージャパン最上階にて仁王立の、廃墟探索者。



ホテルニュージャパン 夜露死苦
 最近は東京でもめっきり暴走族を見かけることは無くなった。暴走行為に手を染めようかという類の若者達は、アプリ課金やスマホ使用料にお金のほとんどを費やしてしまう。国自体の貧困化もありそもそもの給料が少ないから、ストレス発散のための車購入なんて、そんな余裕はどこにもない。北海道でも同じだろう。生活必需品としての車は購入するだろうが、爆音を出すための改造マフラーや、着飾る目的のエアロパーツなど、限られた給料からわざわざ捻出して買おうなんて殆どの人は思わない。

 では、このスプレー書きはどうなんだと問われる方がいるかもしれない。夜露死苦とはもはや死語にもなっている、主に暴走族の人達の間で使われていた、スプレー書きによる自己表現手段の一つ。××団と記されているから、徒党を組んで暴走行為をしていた集団だったのは間違いない。

 見逃してならないのは、その上。最近ではテレビのレギュラー番組がたった一つになってしまい、しかも視聴率が5%台を連発中。ごく近い将来にテレビから居なくなってしまうとも噂されている、とんねるずがその昔、一世を風靡した番組「ねるとん紅鯨団」での決めゼリフ、「タカサンチェック」。番組が放送をされていてそのセリフが大流行したのは、1990年前後の日本経済が華やかしき頃。が、当時のみんなの憧れ、タカサンノリさんは周知の通りもはや風前の灯火だし、日本を覆う停滞感と経済的な困窮から、趣味で車を乗り回すような若者は見かけなくなってしまった。

 廃墟ビルのスプレー書き、その何気ない一筆からこみ上げてくるバブル臭と、現実との乖離   



ホテルニュージャパン 無重力の間
 個人事務所、ビリオネア、石橋貴明・・・等の心配をている暇はオマエにあるのかと、一歩を踏み出すと、目の前には「無重力の間」が出現。

 ローマ字表記をみると「ムグロク・・・」とあり、本来NOとするところをなぜか「の」と一文字だけひらがなを使用している。

 この時点で程度が知れていると思いつつも、中へと入ってみる。



ホテルニュージャパン 中
 予想では、部屋中のあらゆる物が引っ掻き回されていて、それをもって無重力の間を表現しているのかと思われたが、至って普通の荒れようだ。



ホテルニュージャパン 式
 何かこの計算式に秘められた言葉でもあるのかと、検索をすること10分。何も導き出すことはできなかった。



ホテルニュージャパン 9階エレベーター
 最上階のエレベーター。



ホテルニュージャパン 非常口
 もう最後になる非常口とモナーと。



ホテルニュージャパン 入口付近
 館内、火災現場跡も見尽くして、再び、鉄壁で囲われた入口付近へと。転がるタイヤに腰掛けて一休みする。



ホテルニュージャパン 上方
 もう一生来ないだろう、このホテルニュージャパンの勇姿を、しかと、眼に焼き付けておこうと、最後の力を振り絞り、立ち上がった。



ホテルニュージャパン 勇姿
 カーテンの”垂れよう”がどうも人影に見えてしょうがない。中での僕はそのカーテン越しに隠れながら下を見ていたので、場合によっては双方の立場から、人を見てしまう場合があるかもしれない。



ホテルニュージャパン 看板
 もう剥げて消えてしまった看板を発見。引き上げるにあたり消していったのか。ヒストリーチャンネルでやっているアメリカ版お宝番組では、個人でやっていたカフェだったり靴屋の看板でも、数百ドルの査定額になったりする。幻の廃墟ビジネスホテルの看板が残っていたなら、将来的に高値が期待できたかもしれないだろう。



ホテルニュージャパン 壁外
 壁を睨めば入口が開けてくる。この時の僕は、侵入探索者の境地に達していた。



ホテルニュージャパン 遠景
 館内はあれほど揺れていたのに、外からは全く伺えない。



ホテルニュージャパン 最後
 あの7Fが燃え盛る様子はどんなだったろうか?おそらく真夜中だろうから綺麗に豪快に炎上はしていただろうが・・・ 本当に人生を楽しんでいるのは、青春時代のほんの一瞬だけでも、リミッターを外すことができた彼等なのではないか    不謹慎な考えを思い巡らせながらも、遠い遙かなる南の山の方を見つめ、顔が紅潮をし一瞬血がたぎったかと思うとカメラを握り直す。薄笑いを浮かべ、やっぱり人として反することではないのかと、肩を落としながら港に停めた車の方へ進み出した。



終わり

こんな記事も読まれています