土気の公売 裏口
 バブルの遺産、”チバリーヒルズ”からほど近い場所に位置する、成金具合では負けず劣らずの高級住宅街に建つとある大邸宅が、なんと大特価の756万円でヤフオクに出品されている。

 売り主は千葉市。

 訳ありの事故物件ということが破格値の理由らしい。報道によれば、この家で殺人事件が発生したものの、犯人はいまだに捕まっていないどころか、凶器さえ見つかっておらず、現在も捜査は継続中であるとのこと。

【千葉日報】殺人事件で特捜班設置 凶器見つからず 千葉市の男性死亡

土地・建物 千葉市緑区あすみが丘6丁目 【インターネット公売(入札】

 身内にこの訳あり格安物件の話をすると、「もし7百万円台のままだったら買う気マンマン」とか「あまりの安さに殺人事件云々は相殺されるな」などと、大いに興味を示している様子。

 かく言う僕も、大台に乗らなければ十分に検討の余地もあるし、それゆえ、物件の更なる詳細情報を得たいところ。

 いつもは何事にも腰の重い僕だが、大切な知り合いのため、自分の将来展望のため、情報収集をするべく、遙かなる千葉市土気へと、旅立つことにした   



土気の公売 土気駅
 最寄り駅は、JR外房線の土気駅。

 はじめは”どきえき”と読んでいたが、”とけえき”が正解らしい。

 問題の物件までは徒歩だと30分はかかる距離。迷わずバスを利用することにする。大人140円。バスの本数は結構ある。今回の目的地は終点で下車するが、同じ終点で経由違いのバスが同時刻に2本も出発する。




 事故物件が建つ場所への詳細な地図です。


土気の公売 バス停500
 終点のバス停「そよかぜ通り南」に到着。

 地図を見ると、少し南に行った茂原市の方面にはゴルフ場が沢山ある。いかにも千葉の山林を切り開いて作ったといったふうな。ゴルフ場の次に考えられたのが、住宅地の造成なのだろう。ここ「あすみが丘」は、周囲の住宅地の中でも駅から最奥部に位置している。背後にはすぐゴルフ場銀座が迫っているような場所。

 家並みは確かに高級住宅街のようではある。

 が、街中を走行中の車や各家の駐車場に置かれている車を注意深く観察してみると、都心の高級住宅街で見かけるような、驚くような高級乗用車やスポーツカーとなどは見かけず、庶民的なトヨタのハイブリッド車などがほとんど。

 昔、大手警備会社の子会社で、施設警備の契約社員として働いていたことがある。勤務地は渋谷の松濤。瞬間的にだが、世界一土地価格が高い住宅街にもなったことがある場所。ある銀行の頭取の邸宅前に車を駐車して、車内にて待機をしつつ、私邸警備を行うという内容の仕事。頭取の家自体は奥さんの実家で庶民的な造りだったが、周囲の大邸宅には政財界の大物達が居を構えていて、麻生さん(副総理兼財務相)の自宅もあった。

 月極駐車場にはフェラーリのF40が普通に駐められていた。背中部分が透明のカバーになっていて、そこにエンジンが剥き出しで見えるもんだから、こんなのが公道を走ってもいいのか?と、当時は驚いたものだった。

 松濤の古くからの住民のように生粋のビリオネアではなく、都心の一等地だと肩身が狭いものの、千葉の山の手前まで来れば、文字通り”お山の大将”になれる  そんな小金持ち達が肩を並べて住んでいるような印象を持った。
 


土気の公売 裏公園
 規則正しい区画の住宅街を歩いて行くと、全体をレンガのタイルで敷き詰めた欧風家屋の”例の家”が目の前に現れる。

 こう言ったら縁起でもないが、昔観た映画の「悪魔の棲む家」にそっくり。物語のラストでは壁の煉瓦ブロックが崩れると中からカマを持った悪魔が出てくるのだが、実話を元にしているという触れ込みだったこともあり、リアリティーを持って、テレビの放送を恐怖におののきながらもよく観ていたものだった。

  悪魔の棲む家 [DVD]
 かなり共通点がありますね・・・



土気の物件 門
 裏口の門は開いたまま。



土気の物件 壊れた門
 年月により剥離した塗料。開いたままというより、一部だけが残っている状態か。



土気の物件 インターホン
 NTTの名を冠したインターホン。

 電話回線を利用したセキュリティーシステムでも構築していたのだろうか。



土気の物件 裏庭
 裏庭も一面煉瓦タイル敷き。



土気の物件 ほうき
 行き先を誘導でもしているかのような、建物と平行にして置かれている、ほうき。

 促されるように、その通りに進んで行く。



土気の物件 不法投棄
 廃墟や廃屋ではもうお馴染みの、不法投棄された折りたたみベッド。

 自宅内の残留物はそのままということなので、これらは部外者が捨てていった可能性も大。



土気の物件 室内
 後々の処理は、頭を悩ませるところだろう・・・ (千葉市が公開している室内画像)



土気の物件 ブラックウォーター
 ブラックウォーター。

 何かが沈んでいるようにも見えるが、腕捲りをして確認とまではやらない。



土気の物件 サッシ
 建物の周囲を左回りに進む。

 落ち葉と網戸。

 窓より中を覗いてみる   



土気の物件 窓
 交わった二の腕がぶら下がっているようにも見えるが・・・



土気の物件 ベッドと鏡
 束ねたカーテンを上へとくるんだのかも。 (千葉市が公開している室内画像)



土気の物件 左
 左折すると、建物側面部へ。特に不審なところはない。



土気の物件 玄関
 いよいよ玄関へと。

 広い庭に優雅なベランダ、開け放たれたままの巨大床下収納には多種多様な残置物。その他、まだまだチェックしなければならない場所や物がたくさんあるみたいだ。



つづく…

「残留物調査」 殺人事件があった公売物件を見に行ってきた.2