メィゾン 砂利道
 バイクの税金を滞納してしまい、それを「出張所」なる場所で支払うため、知らない道をナビを頼りに、畑の中などを突き進んでいる時に、偶然に発見をした、廃墟アパート。

 新宿からそれほど遠くない場所にありながら、周囲を森と畑に囲まれて、人々の営みから隔絶されているかのような、廃アパート。

都会の森に埋もれた廃アパート

 その訪問レポートを記事にして掲載。それなりの好評を得たらしく、以降、一定数の方々に読まれ続けているようなのだが、そんな中、コメント欄に、衝撃的とも言える”ある”書き込みがされたのだった。

「このアパートの近隣に住んでいますが、1Fの一室のみ人が住んでおられるみたいです」

 信じられないことだった。

 草木で侵食され蔦が蔓延るこの古びた廃アパートを、一階から三階までを這いずり回るようにして、僕は撮影のために数時間は費やした。

 人の気配など、微塵も無かったはず。

 階段の途中には、世にも虚しい情景、ホームレスがエロ本を肴にして、酒盛りでもしたような跡さえ残されていたぐらいなのに・・・



メィゾン 畑から
 あそこまで調査をしておきながら、見逃していたというのか。

 幽霊でも住んでいるのか、あるいは、息を殺し気配を消して、あの朽ちゆく廃墟に、潜むようにして、隠遁生活を送っているような人が、いるとでもいうのだろうか。

 真夏の蒸し暑い、ある”日”のこと、謎を解明すべく、僕はまた、あの「都会の森に埋もれた廃アパート」を、訪問することにした。



メィゾン 林
 暴発したかのような夏の緑が、より一層、廃墟アパートを覆い隠している。



メィゾン 一階全景
 これが、一階居住部分の全て。見える範囲が全部。

 羽幌の炭住アパートも、ここまで酷くはなかった。

 万が一、住んでいる人がいたとしたら、布団を干す時はどうする?

 横を通過する時に、横目で注意深く窓を確認したが、とても、人の住んでいる様子は見受けられなかった



メィゾン 正面
 ジブリの森はここからそう遠くない場所にあるが、これは言わば、メィゾンの森。

 メィゾンの森に埋(うず)もれた、廃アパート   



メィゾン プレート
 季節柄、木々の装飾がかなりビビッドになってはいるが、前回と変わらぬ、誇らしげなネームプレート。



メィゾン ハイエース
 タイヤの空気が抜けて放置されたままの、ライトエース、あるいは、タウンエースが、前回同様、不動の状態でそのままに。

 この廃墟アパートの存在はその後も妙に気にはなっていたので、記事にした後、数回訪れていた。その時は特に変わった様子もなく、全体をただ眺めただけで終わっていた。

 「一階に人がいる   」 との指摘を受けてからは、初の訪問となる。
 


メィゾン ポスト全体
 二階の小林さんの凛々しい毛筆体、前と変わらず。

 前回の記事では、この小林さんがご在宅なのではないかと、特に力を入れて調査をしたのだが、明らかに空き室であった。

 一階の住人というと、左の一列になるが、どの郵便受けも、使われている様子はない。



メィゾン 宴あと
 僕が「絶望的な宴」と命名をした、哀れな痕跡も、まだ残されたまま。

 前回から半年以上も経過しているが、風雨で多少配置が変化をしているぐらいで、あとは同じではないだろうか。



つつじヶ丘 廃アパート 宴
 前回の様子。

 どうやら、下手から強風が襲ったらしい。



メィゾン 吸い殻
 吸い殻の量も変化なし。

 しかし、僕が「絶望的~」とまで謳い上げた、根源、あの、物品群が消失していた。



メィゾン 階段
 もう、おわかりいただけただろうか   



つつじヶ丘 廃アパート 青年雑誌寄り
 ネットの波に乗りそこね、下流の波間で藻掻く、寂しいご老人が愛読していたと思われる、エロ本の山。

 拾って集めてきた、宝の山のエロ漫画雑誌。世間から隠れるようにして、廃墟アパートの階段に腰を下ろす。発泡酒やデザートのミルクティーを飲みながら、妄想の世界で羽目をはずし、下半身を熱くみなぎらせる。

 朦朧とした意識の中、鈍重な瞼をなんとか開くと、辺りは明るく、もう朝になっていた。騒がしいのは、鳥のさえずりだったのだ。

 開かれたままのファスナーからのぞくのは、彼の萎れて黒ずんだ茄子のようなイチモツ。その先と指先には、伸ばした無塩バターの乾燥した後にできる、ふいた粉のような白い糟が、びっしりこびり付いていた。

 階段に横たわり、寝起きで股間だけを露出したままの彼が、右手の拳を上に弱々しく掲げる。

「これをやるために、半世紀以上、生きてきた。人に迷惑はかけていないだろう、俺は   」 と。

 エロ漫画雑誌を枕にして、いつまでも熟睡し続けるご老人を、確かにそこの階段に見たような気がしたが、再度振り返ると、もう雑誌ごと消えていた。



つつじヶ丘 廃アパート 2階ドアノブ
 そういえば、二階にはポケモンの「プクリン」がいたなと思いだし、行ってみたが、誰かによって盗まれていた。

 ポケモンGOのアプリを入れたので、廃墟でポケモンコラボでもできるのではと考えていたが、徒労に終わる。



つつじヶ丘 廃アパート 2階表札
 前回発見をした、沖縄などで魔除けとして用いられている「石敢當(いしがんとう)」。



メイゾン 石敢當
 誰の仕業だろうか、本来の役目を果たさせようと、起き上がらせられていた。



メイゾン 奥
 廊下に自生でもしてやろうかという侵食ぶり。


 さて、いよいよ、一階フロアの、全ドアの、総チェックを、開始することにする。

 これほどまでの完璧な、廃墟アパートに於いて、地縛霊のような住人は存在するのか、否か。

 全てが、明らかになるはずだ。



メィゾン 手前
 一番手前の部屋。



メィゾン 102
 前回もそうだったが、物音は一切しない。



メィゾン 103
 蝉の声だけが聞こえる。



メィゾン 105
 一階、一番奥の部屋。

 夏の気怠くもある昼間に、おまえは何をやっているのだと、自問自答する。



メィゾン メーター
 呆れたというか、信じられないことに、とある一階の電気メーターの円盤が、飛び出さんばかりに、勢い良く回っていた。

 クーラーを使用している、ようだ   



メィゾン 庭
 都会の原始の森にひっそりたたずむ、「メィゾン」。

 

つつじヶ丘 廃アパート 廃自転車
 前回の記事の時にあった廃自転車。

 次の様子見の際には、この廃自転車が消えていて、その代わりに二台の自転車があった。すぐ隣の廃屋が取り壊し中だったので、職人さんが乗ってきたのだろうと、その時は思っていた。



メィゾン 自転車2台
 今回もあった。

 明らかにリサイクルされたような自転車だが、どちらもサドル部は”テカテカ”だ。

 隣の廃屋は既に取り壊され、一見して前と同じような住宅が完成していた。



メィゾン 去り際
 敗北感のようなものを味わい、メィゾンを後にする。

 畑の横の小道。

 自転車を押しながら歩いていると、メィゾンの方から、自転車のスタンドを蹴り上げる金属音がした。油でじゅうぶん潤っていないだろう、その安物の自転車は、聞くに堪えない金切り音をたてながら、僕とは反対方向へと、遠ざかって行った。老人だとしたら、随分と威勢がいい。直視はしていないので、実際のところの正体は不明のまま。

 メィゾンに怨霊住人はいたのだ。

 そう自分に言い聞かせ、一夏の無駄な数時間、人生の中で取り返しのつかない貴重な時間を、どのようにしてこれから取り戻そうかと、熟考しながら、帰途につく。
 


終わり…

※追記 
メディゾン前の車両ですが、おそらく1992年から1994年ころの「トヨタのタウンエース」 ではないかとのこと。

コメント欄よりご指摘していただきました。

アプローズ伯爵様、どうもありがとうございます。

こんな記事も読まれています