17
 1970年代の男性アイドルといえば、郷ひろみに西城秀樹、野口五郎の新御三家。現在は見る影もなく、激変してしまったが、ジュリーこと、リベラリストの沢田研二もいた。一体、なにゆえ、所ジョージであったのか。それらの中の人では、所さんが一番の出世をしたということを考えると、外面だけを見ているのではなく、内面重視で、人を見る目(伴侶として)があったということにはなるが。

 現代で言うならば、三代目j soul brothersやKis-My-Ft2、ワンオクなどになびかずに、道民のヒーローでもある、大泉洋に心酔するといったところか。

 ちなみに、女性アイドル事情は僕の歳としては結構詳しい方でありながら、男性アイドルに関しては全く知らず、それっぽいのを羅列してみただけです。流行を我が物顔で語っておいて、「古くせえ・・・」と裏で苦笑されるのもなんなので、予防線の言い訳を・・・。

 当時の売り出しの頃の所さんといえば、せんだみつおにキスをしたりと、時にはオカマキャラを披露し、なりふり構わずの芸風が大受けをしていた。

 直近の所さんのテレビでの発言が「孫にはおもちゃを無尽蔵に与えている   」とのことなので、当初いかに無理をして上にのし上がろうとしていたのかが、窺われる。

 ジャニーズ系の王道アイドルに憧れるならまだしも、なぜ、所ジョージ   

 コメント欄には、このような意見が。

楽器が弾けるって女の子からはポイント高いですよね   

 一見、共通点などまるで見いだせなかった、金山友彦と所ジョージ。

 そこで繋がっていましたかと。

 二人とも二枚目でないところも似通っている。

 決して端正な顔立ちではない、川谷絵音や星野源があれほどモテることに大いに疑問を持つ男性は少なくないが、音楽という要素は、特に思春期の女の子にとって、魅力を五割増しぐらいに引き上げる効力を持っていると言っても過言ではないだろう。

 そんないまだ現実を直視しないでいるキョーコさんが、史之舞の住む隣の市まで行く。療養所通い専門と思われた史之舞は、実は働いていて、しかも結構な額のボーナスまで貰っていた。

 抜け目なく、ある食べ物をおごってもらう、キョーコさん。そんなに稼いでいるのなら、もっと何か買ってもらおうかと、わざわざ日記に書き込む。

 大満足での帰りすがら、列車内にて出くわしたのは、現実に根を張った等身大のアイドル、あの人であった   



13-14a
 1978   , 8月  13日 (14日)  1:15

 もう  ,  おなか   いっぱ  い  はら パ  ンパ  ンに
なるまで たんまり と 食べ てしまっ た  .
これでは  やせ ら れな い  の  ら   。
もう  ..  .  .  .  。   ど  う  し ま しょ  .
べ  つに  書  く  こ と  ない  .
所さん大好き  .  ♡
  まけるな  く  じ  け る な オやす みナサイ
 
1978年  8月14日  (15日)  1 :49

今 , 松山千春の オールナイトニッポン
聞いてんの  . まあ  おもしろ い ようだ
市に行って 史之舞に
チャーハン  おごってもらった
 9万も 入った ボーナス なの
も少し おごってもら お う!
並木駅 に行 っ た ので して
汽車に のろ う と  し た 時 , 道の
前方には 金山君が  いたの

食べられるまで食べる。一日中、アイドルのことが頭から離れない。それが青春時代。

>所さん大好き  .  ♡

今までだったら、金山君への忠誠を誓うために、ここには金山君の名前が入っていたが、完全に所さんに入れ込んでしまっている。

>今 , 松山千春の オールナイトニッポン聞いてんの  .  

この年の1978年の4月に、松山千春のオールナイトニッポンは、二部から一部に昇格。同年に「季節の中で」が大ヒット。道民の人気者が一気に全国区のスターに。キョーコさんはまさにその時、松山千春がスターダムを駆け上がる様を目の当たりにしていたはず。

>まあ  おもしろ い ようだ

驚くほど淡白。大泉洋が道民のスターなら、松山千春はスーパースターといっても差し支えないと思うのだが、キョーコさんの琴線に触れないというか、さほど関心がない様子。

>市に行って 史之舞にチャーハン  おごってもらった

となりの大きな市の療養所住まいの、史之舞。妹にチャーハンをおごる。

> 9万も 入った ボーナス なの

どうやら史之舞は就職をしていて、ボーナスが九万円だったとか。普通枠の採用ではないと思われるが、当時としてもかなり高額のボーナスであったと思う。地方の零細企業だったら、支給されない可能性もあるのだから。

>も少し おごってもら お う!

史之舞が金銭の支出を、どのぐらい自己管理できる能力を持ち合わせていたのか、気になるところ。兄弟からたかられまくって、すぐ使い果たすということはないと思うが。

>汽車に のろ う と  し た 時 , 道の前方には 金山君が  いたの

いつぞやの既視感、またしても、金山君と乗り合わせる。



14b
 あの 時 の うれし さ   もち 同 じ方向に
向 かっ  て 行 たけ ど   金山君 は ちがう
所から の  ったの よ  ,   あの だ ん差の
 ない 所 に あ る  戸口 か  ら  なの ,  ま さ か
私が そんな 所  から の ぼっ  たら
 まさに  アホ  に見える で  しょ  だ か ら
 行 か な か っ たの   いちば んさいご の所に
の**  っ た よう うす だ ったけ ど パ  ッ   と
見たかんじ  み んな すわって いたようだ っ たので
私は立つこと に し た  .   それ に  さ が し に行く
勇気ない し ね  金山君  に 見 られる  と はずかしいもん

そして 藤淵駅を出 て か ら 別 別 になってし まった
私をまっ て い た 史之舞が いたから   . . . ~。
ア~~~ ア  . 金山君 にあ こが れちゃ うわ
どうしても  .   どうした ら いい のか 所さん
おし えて  ち ょ  うだ  いよ   .   所さんは  「いい
かんじの 人」  という か んじ なのよ   .
 もう  なにが  なん だ か  めちゃくちゃ だね.
 もうそれお そろねます  . 金山君好 き .
所さんも 好き  . また*沢山たべたけど  やせたい!
 まけるな   くじ けるな  おやすみ

前回も、汽車の中で金山君と乗り合わせたものの、気づかれることなく、話かけることなく、何事もなく終わってしまったあの時・・・

>あの 時 の うれし さ   もち 同 じ方向に向 かっ  て 行 たけ ど

SNS地獄、1984の世界にも似通ったネット管理社会の現在ではもう、得られない喜び。同じ汽車に乗っているだけで”うれしい”と感じる幸福が、少なくとも、1978年にはまだ存在していた。

>あの だ ん差の ない 所 に あ る  戸口 か  ら  なの ,  ま さ か私が そんな 所  から の ぼっ  たら まさに  アホ  に見える で  しょ

かなり厳しい情景描写なのでわかりにくいが、僕が街中で廃屋の写真を撮る時、構図にこだわるばかりに、妙な場所から妙なポジションで写そうとするので、はたから見れば、アホに見えるという状況に、似ているのかもしれない。

>それ に  さ が し に行く勇気ない し ね

最近は所さんに傾いているとはいえ、毎晩うわ言のように金山金山言っているキョーコさん。偶然を装って、笑いながら挨拶の一つもできない奥ゆかしさを、いまだ持ち続けている。

>そして 藤淵駅を出 て か ら 別 別 になってし まった私をまっ て い た 史之舞が いたから   . . . ~。

藤淵駅のホームに立ち、キョーコさんを見送る、史之舞。史之舞が見ている手前、金山君のいる席まで探しにはいけないといった書き方だが、仮に史之舞がいなかったとしても、そこまでする大胆さはないだろう。

>ア~~~ ア  . 金山君 にあ こが れちゃ うわどうしても  .   どうした ら いい のか 所さんおし えて  ち ょ  うだ  いよ   . 

一見すると滑稽かもしれない。しかし、人は誰しも中学生ぐらいの頃、本気でアイドルと付き合いたいと思ったことが一度や二度、あったはず。昨今の女性アイドルグループの握手会のファン層を見ると、四十越えの頭頂部の薄い爺様といえるような人でさえ、ガチ恋をしているのだから、中三のキョーコさんはまだまだ、許してやって欲しくもある、許容範囲ではないだろうか。


 夏休みのほとんどを家で過ごすという、倦怠感のある悶々とした日々。暇過ぎたのか、金山愛を頭だけではなく、体で感じるためなのか、金山君同様に左で字を書く練習を始める、キョーコさん。

 日記を途中まで左で書き、「変な字だからわかるでしょ」と言うものの、普段から乱筆なこともあり、時間をかけて書かれたその字は、かえって読みやすくなっていた。

 また、ある決心をする。少し前に兄貴と大喧嘩をし、その勢いで「告白する」との宣言はすっかり消え失せたが、今度は、ハードルを少し下げた現実なもの。

 現実路線へと舵を切ったキョーコさんの思惑は、うまくいくのか、いかないのか、なかったもとのとして、今まで同様スルーされてしまうのか   

 

つづく…

「新手法に挑む少女」 実録、廃屋に残された少女の日記.42