19
 その人の深夜ラジオを聴き逃しただけで、悔しさのあまり、三十分間も震える拳で枕を叩き続けた、彼女。

 住む世界が違う芸能人とはいえ、恋い焦がれるばかりに、勉強もろくに手がつかずに、心の奥が締め付けられるかのように、悩ましく、ただひたすらに、悶々とした日々を送るということが、誰しも、青春時代に一度や二度は、あったかもしれないが   

 キョーコさんは大変まずいことに、長風呂でのぼせでもしたかのようなアイドル熱に、受験の数ヶ月前にかかってしまうことになる。

 テレビやラジオでの、所ジョージの一挙手一投足に、受験勉強も忘れて、病的といってもいぐらいに夢中になってしまっている、彼女。

 夏の終わりという、ひとつの節目を迎えるにあたり、所熱の傾向は益々高まってしまうのか。あるいは、先の長い人生を見つめて、無益なアイドル熱を封じ、勉学に精を出そうとするのか。

 北の大地の草原にたたずむ、とある一軒の木造家屋の二階で健気に暮らす少女へ、本人がうかがい知ることないままに、人生の分岐点がまもなく訪れようかとしていた   



17a
 1978  . 8 月  17 日    10 : 35

 昨日 も また   タモ リの オールナイトニッポン
 を 聞けなか っ た   .  そう  , 所さんの
時と 同じこと を し たの だ   .
1:00 何分前かまでは 起 きていた の
だけれど    ねてしま った の で す   .
 そして  起 きたの は  3:00 時 すぎ
だったの よ   ,   またも グヤジ       
 なんで い っ つ も  こ う な っ て し ま うの   ?
頭に きちゅうも う,   来週聞 きたいけど , い や!聞くけど
次の日 は学校だし勉強 に ひびく のようね  .
大変ね . でも  それ く ら い ガマン して   聞くぞ う
所さんのため なら  オールナイト ニッポンを聞くために は
金山 君 , 私は見てるだけ で いい ,   BUt,BUt
BUt ! なぜ こうなってしまったのかしら .
あの修学旅行の時 , その時 ギター をひいた
彼を 「 いいなあ . ギターうまくて うらやましいなあ .
うまいなあ カッコイイ なあ 」 その よううな 気** もち
でしかなかった この 私 , そのあと バスで 声をかけて
****くれた 彼 に だんだんひか*れて

深夜に響き渡った、そば殻枕の乾いた打撃音。翌日、またもや同じ過ちを繰り返す。

>タモ リの オールナイトニッポン を 聞けなか っ た   .  そう  , 所さんの時と 同じこと をし たの だ   .

当時のタモリのオールナイトニッポンに、「思想のない歌」というコーナーがあった。そこで紹介された”さいたまんぞう”の曲「なぜか埼玉」が話題になったというが、キョーコさんに、サブカル的要素を楽しめるような、偏屈した感性があったとは思えない。所ジョージはまだしも、タモリのどこにそんなに心惹かれていたのかは、文面だけで知り得ることは難しい。

>そして  起 きたの は  3:00 時 すぎだったの よ   ,   またも グヤジ       

酪農を手伝っているといっても、朝から晩までではないだろうし、勉強はほとんどやっていない。一日の主目的がオールナイトニッポンを聴くという生活になってしまった、この夏休み。一生後悔するようなことに、ならなければいいが。

>あの修学旅行の時 , その時 ギター をひいた彼を 「 いいなあ . ギターうまくて うらやましいなあ .うまいなあ カッコイイ なあ 」

何度目の回想なのか。僕も定期的に、この日記シリーズの中で、まとめ的に、キョーコさんの廃屋を発見して、日記を持ち去るくだりを、繰り返し意図的に記述している。最新の日記から読み進めようとしている人には、どのような経緯からこんな古い日記が連載されているのかという、説明が必要だろうとの、考えからである。多少文体は変えているし、そういった趣旨のもとにやっているので、『また得意げに同じこと書いてるよ・・・』と、くれぐれも思わないで欲しいもの。

ブラジルのサンパウロにある日本人宿、「ペンション荒木」に泊まったことがあるが、なぜか短期滞在用の別館に僕はいれられてしまった。ドミトリーは、一日二日で去っていく人ばかり。ただ、窓の横のベッドの人だけは、ブラジルに移民した日本人の人で、もう、数十年も、ドミに住んでいるのだという。その日本人のお爺さんが、立派な写真集を僕に見せてくれて、「これは私がブラジルへ来るきっかけになった、ニチア移民少年団なんです。巻末に名前もあります」と説明してくれた。以降、十日ほど滞在したが、彼は毎日その写真集を取り出し、同じ説明を繰り返した。時には、一日に二度も。貧しかった頃の日本から、ブラジルに夢と希望を抱いてやって来たものの、その結果が、ドミトリー住まいで、しがないバックパッカーに、毎夜同じ話を繰り返す、痴呆の症状がある、悲しき独り身の日系人のお爺さん・・・。 

キョーコさんの過去の生暖かい栄光に浸っているばかりの、その様子を見ていると、あの、サンパウロのドミトリーのお爺さんを、ふと、思い出して、悲しい気持ちになってしまった。

もちろん、キョーコさんの場合は、これから様々な選択肢や出来事があり、移民のお爺さんのようなことにはならないと思う・・・というより、そう願ってはいるけれど   



17b
 しまって いった  ,  で も  声を か *けられた時は
まだ * ただ ギターがう まくて .声のきれいな カッコイイ
金山君 で しか なかった ,   だ から私 も  かるく 返事をした
「ギター うまか っ た よ . カッコイイネ  ・・・・」*など など
と言ったの だ  ,   つ い で に   ピ*コット というチョコ
まで  手の上に お い て や っ て いたの で す よ  .
今の私には と て も  信 じ ら れん 行 動力だった
と言 きれる のだ ,  ふしぎ ,ふしぎ  ,ふしぎ  じゃ  
思えば あの 中二 の 時 から金山君を 知ってい たの
 かもしれない .  バレーボールの 時 の彼  .***
左 ききだった のはよくわかっ て いる   .BUt **
名前は  しらない .それが も し 金山君 ならば
私は 中二の 時  か ら  彼 に こうい
を持ってい たと 言って *****
 いいのら!  だけど   そのときの彼が
修学旅行の 時 の彼 だ と は その時
全然 知 ら なかっ た の よ  .  どうなってんのか
ね , とにかく  もんく の つけようのない
金山君ね . 背はふつうぐらいだし
やせてるし ,ギターはうまいし , 声はいいし(高い)
高飛びは 一番だ し 走るのははやい し
顔は いい と思うし  もう しぶ んの ない金山君好き
  まけるな   くじ け る な  お やすみなさい

>で も  声を か *けられた時はまだ * ただ ギターがう まくて .声のきれいな カッコイイ金山君 で しか なかった ,

これも、何度も聞かされたフレーズ。よっぽど気に入っているらしい。ギターとともに出くわした、この何気ない出逢いは、最良の思い出となり、ただ懐かしむだけのエピソードとなってしまうのか。それとも、新たなる次章はやって来るのだろうか。

> 私 も  かるく 返事をした「ギター うまか っ た よ . カッコイイネ  ・・・・」,

恋を意識していなかったキョーコさん。今では考えられない大胆さが・・・というより、社交辞令として軽く流す余裕があった。

> つ い で に   ピ*コット というチョコまで  手の上に お い て や っ て いたの で す よ  .

アポロチョコみたいなのを片手に乗せて、曲芸のようにギターを奏でていたのかなと思ったが、「ピコット」というのが不明であった。当時ならギターを弾けるだけでもモテるのに、あわせてお菓子を使った技まで見せてつけてしまえば、キョーコさんのような恋愛耐性の低い女の子は、ひとたまりもなかったのだろう。

>思えば あの 中二 の 時 から金山君を 知ってい たの かもしれない .

中二の時に心ときめいた彼のこと。深くは気にとめなかったものの、今思い返してみれば、金山君であったと。運命づけられていた。昨日今日の金山愛ではなかった。これも彼女のお気に入りの部分で、想いを馳せるたびに、何度も引用されていく可能性が高い。

>とにかく  もんく の つけようのない金山君ね .

まるで彼氏自慢をするかのよう。その堂々とした物言いに、普段の煮え切らない意志薄弱さは微塵もなかった。



 金山君と所さんだけが、現在のキョーコさんの生きるモチベーション。寝ても覚めても、頭の中は彼らのことばかり。勉強など全く手につかない。

 そんな中、隣の街のデパートまでわざわざ赴き、所さんのある物を、ショーケースのガラスに額と両手を押し付けるようにしてファミコンソフトを羨望の眼差しでぞき込む、まるで少年のように、物欲しげにキョーコさんは眺め続けてしまうことになる   



つづく…