63
 卒業も間近の二月になって、今までいた女性教諭が妊娠でもしたのか、不祥事を起こして飛ばされてその変わりなのか不明だが、なぜか新しい先生がやって来る。その先生の風貌と名前にあからさまな嫌悪感を抱く、キョーコさん。一言「きもち悪い!」と。

 朝降っていた雪が雨に変わり、冬の一番寒い時期に雨が降るんですよ、ただごとじゃないでしょうと、あらためて、この日記が津軽海峡を渡った北の地で書かれ、凍てつくような気温の一年を通して乾燥した気候の好条件のもとで保管されていたことを、今更ながら思い起こさせてくれるような一節に触れ、だからこそ原型を保ったままで良かったなと思う半面、なんて遠方から道民でさえもない部外者の僕が持って来てしまったのだと、安堵と罪の意識の間で板挟みになり、無言でしばらくの間、北の方の空を見つめる、僕。

 かの地では、この季節の雨は結構な災害をもたらすことになった。

 キョーコさんいわく、「水害ですよ」と。

 排水路が雪で埋まっているのに大量の雨が降ったものだから、街中が水浸しになったのだという。お馴染みの彼の家も被害に遭い、その緊迫した様子を興奮気味に書きとめる、彼女。

 落ち着きを取り戻すと、急に自分の将来が不安になってくる。

 なんのための受験なんだ。やりたいことはなんなのだ。金山君は未来への希望を持っているだろうけど、自分には何もない。希望なんてものは何もない。自分がわからない。

 教えてよ金山君、と叫ぶように祈るキョーコさん。

 取り乱していながらも、受験日までは残り32日であると、彼女は正確に運命のカウントダウンを刻んでいるのであった。



31
 1 9 7 9 年    * 1 月 3 1 日  ( 2 月 1 日 ) 2:0 4

今 日 も 歯 医者 へ 行 っ た ・   明 日 も 歯 医 者 へ 行 く_
 あ ー 早 い も の だ  .   受験 日 まで  (附属 は)26 日  .
(西 澤 は )   3 3 日  ,  は た し て  社会* お ぼ え れ る
 だ ろうか  ・   自 分が 心 配 だ 。 す べ て の受験 は ただ の
 試 み だ と 考 え ようか  ・   だ だ の 受験 な ん だ と  .
 お ちて もよ し  .   う か っ て も よ し  .   自 分自身 の 学力 が 出 る、
 千春 サ マ  お しえ て く だ さ い ・ 希 望 の な い 私 にと っ て
 千春 サ マ は  い い な あ と 思 い ます  .  希 望 が あ る か ら
 希望 を 持 た な い と い う こ とは  す べ  て の こ と に
 や る 気 が な く な り _  た だ  その日 を す ご す だ け
 そ んな  ふう に な る  ,   希 望 と は な ん な ん だ ろう  ,
 金 山 君*は 希望 を 持 っ て い る ん だ ろ う か  、   き っ と
* 彼は 希 望 を 持 っ て い る と 思  い ます ・
私 の 好 き な 彼 だ か ら  ,
 自 分 が  な ん だ か  わか ら な い  、  お も っ き り
 何 か し た い 、 スポ ー ツ で も いい ・ 何 か 一 つ
 お も っ き り 何 か し たい  ・ 金山 君 お し え てよ 、お や す み

大本命の西澤の受験日はまだ一ヶ月あるが、附属は一ヶ月を既に切っている。科目では社会がとても心配だと、キョーコさん。

>お ちて もよ し  .   う か っ て も よ し  .   自 分自身 の 学力 が 出 る

受験とは、今の自分の学力を映し出す場にしか過ぎない。落ちても受かっても、その理由は、今の自分であるからだと、いかなる結果も受け止める覚悟が出来ていると、彼女。両方落ちてしまったら、潔く就職する心の準備も出来ているのだろうけど、それを口に出すと戦う前から負けることを考えるバカがいるかと心が先に折れて負けそうになるので、あえて口に出さない、キョーコさん。

>希 望 の な い 私 にと っ て千春 サ マ は  い い な あ と 思 い ます

西澤に受かりたいとは思うが、高校にいって何をしようという目的が見当たらない。高校を卒業して私には何があるのか。希望が無い。歌手になる夢を実現した千春サマが羨ましいと、希望を見いだせないでいる、不安に苛まれている、彼女。

>希望 を 持 た な い と い う こ とは  す べ  て の こ と にや る 気 が な く な り _  た だ  その日 を す ご す だ け

指をくわえてウィンドウショッピング、姉との生産性の無いとりとめのない雑談、など、今までなんと無気力な日々を過ごしてきたことか。希望に邁進していれば、そんなことにはならないはず。一体、私は何になりたいの。中学生活も終わりに近づいてきて、ようやく、将来設計を見通すようになってきた、キョーコさん。受かってもいない高校の卒業後に思考を巡らせてしまい、頭の中は沖の大海のように茫洋として、深い霧が立ち込め、視界不良。目的地は何処よ!と、不安は募るばかり。

>お も っ き り何 か し た い 、 スポ ー ツ で も いい ・ 何 か 一 つお も っ き り 何 か し たい  ・ 金山 君 お し え てよ

自分は何者? 何かをしたい、やり遂げたい。この二階で食べて寝て死を待つだけの人生で終わらせたくない。でも何をしたらいいのかわからない、金山君、教えてよ、と、深い焦慮に駆られながらも、確実に前を向き始めたかに見える、キョーコさんだった   



1a
   1 9 7 9年    2 月  1 日     (2 日  )     0:3 6

  今 は ”新 し い 先生 の 来 る 日 ,”  と い う こ と で   来 ま し た、
  多少 小 ぶ と り な の よ .  き も ち 悪 い !
  名前 も  又 . お も しろ く て  き も ち 悪 い 、 中村 博信
  だ っ て ・  信 が なか っ た ら ・・・ ・  と 考 えた っけ  おか しく な っ ち
  ま っ たわ い .  社会 の 授業も あ っ た の よ ね .
  全々  わ か んなか っ た .   問 題 が  . 初 め っ か ら 問 題 出さ
 れて   . 全 々  書け な か っ た  .   書け る わ け  な い わ な! わか んない もの .
  一 つ もね ・  ま っ たく   ち んぷ ん か んぷ ん よ !  社会 大き ら い に
  な り そう 、   社会  今 まで  きら い だ っ た け ど    大 き ら い に
  なる ,  受験 は 好き , き ら い は  関係 な いの は 知 っ て る け ど
  てっ て い 的 に  き ら い に な る だ ろ う ・  やな  予感が する .
  今日の  天 気 は  変 だ っ た 、  朝 は  雪が ふ っ て い たんです ,
  ま ぁ .  もう  2月 だ も の  当 り ま え だ け ど ・ ・ ・・  昼 ご ろ に なっ て
  な んと 雨 に 変わ っ た ん で す  。  今  何の 季節で 何月 だと
  思 っ て い る の で しょ う  ,  冬 で す よ  ,   それ だ け じ ゃ な い
  冬の い ち ば ん  寒 い 月 に  入 っ た んで す よ  ,  1 月, 2月 , 3 月
  は 一 番 寒 い月 な んで す よ ,  その 中 の  一 つで も あ る の に

キョーコさんの年代ならまだ先生を敬い、どこか神聖視した存在でもあったはずなのに、例え日記内だとはいえ、バカにしたような態度なのは、よっぽど印象が悪かったに違いない。

>多少 小 ぶ と り な の よ .  き も ち 悪 い !

身も蓋もない、小太りというだけで、気持ち悪いと、切って捨てられる、新任教師。とは言え、様々な構成要素がそう言わせているのだろう。

>名前 も  又 . お も しろ く て  き も ち 悪 い 、 中村 博信

ごく普通の、なんなら日本中にいる名前だが、面白くて気持ち悪い名前だと小バカにしている。日記にもよく登場する中村君と名字が同じだという理由だけで、そう感じてしまうらしい。

>だ っ て ・  信 が なか っ た ら ・・・ ・  と 考 えた っけ  おか しく な っ ちま っ たわ い .

歯医者に行く時に中村君のお父さんの車に乗せてもらったり、字の使い方を間違えていながらも、こまめに年賀状をくれたり、職業訓練校に進むという、あの中村君のフルネームが「中村博」だから、その彼と名前の類似性で、類は類を呼ぶわねと、おそらく苦虫を噛み潰すような表情で書いているのだろう、キョーコさん。お父さんにはお世話になっているし、悪人ではないけれど、生理的に嫌いな中村君と、見た目の嫌悪感、名前が似ているという重なり合う負のイメージにより、中村先生を早くも拒絶しかかっている、キョーコさんがいるが、彼女自身、もう数ヶ月も無い関係だからと考えているので、あまり言うのはやめておこうと、自制心を保っている様子。

>社会  今 まで  きら い だ っ た け ど    大 き ら い になる

年表など細々とした憶えなきゃいけないことが多い、地道な暗記ごとが苦手そうな彼女は社会という科目を心底嫌っている模様。

>てっ て い 的 に  き ら い に な る だ ろ う ・  やな  予感が する .

落ちるとしたら”社会”が原因か、そんなことが頭に浮かぶが、口に出すと現実になりそうなのが怖くて、間接的に触れるだけにとどめた、キョーコさん。

>昼 ご ろ に なっ てな んと 雨 に 変わ っ た ん で す  。  今  何の 季節で 何月 だと思 っ て い る の で しょ う

海さえ氷で覆われる北の極寒の最果ての地の厳冬期二月。昼頃に雪が雨に変わってたまげる、彼女。あり得ないことが起きたらしい。

>1 月, 2月 , 3 月は 一 番 寒 い月 な んで す よ 

その驚きは、自分の中だけではとても消化しきれず、いかに異常事態であるかを、誰に説明するわけでもないのは十分承知のうえだが、それを書かずにはいられなかったぐらいの、珍事だったのだ。



1b
 ちょ っ と ・  雨 だ っ て .  今 も ま だ ' 降 っ て ます よ 。
 今日 も 歯 医者 へ 行 っ たん で す け ど  .  す ご い ん で す よ .
 水 害 で す よ .   雨 は ザー ザ ー  降 っ て い る けど
 そ の 水 の 行 き 場が なく て 路 上 に た ま っ ち ゃ っ て ,
 * は い水 路 が 雪で ふ さが  っ て い る の で 水 が 流
 れ る こ とが 出 き な い ん で すよ 。  1 0 c m く ら い た ま っ て い る
所も あ っ たよ 。 小 林 の 前 な んて   雪 と 水 が ま じ っ て
 い る よう な  水 の 方 が 多 い  水 が た ま っ て い る ん で す
 だ い た い  5 ~ 8 c m く ら い  .  ど こ も か こ も 水 が たま
 っ て しま っ て 流れない の  ,  い っ しょ う け んめ い に 穴を さが して
 が んば っ て た 人 が い た けど   穴の あ い た 所 は い い け ど
 あ いて ない 所 は  池  ,  川 で す よ .  路上 が 川 に
 か わ っ て ゆ く  .、  ひ ど い も ん だ ねえ  ・
 それに  宮脇 君 家が  水 害 に あ っ ちゃっ たんだ っ て
 か わ い そ う  、   だ い じ ょ うぶ  だ っ たろう か  、
 ひ ど いも んで す  、   や っ ぱ り  まだ  雨 は 降 っ て
 い ま す よ 。  金山 君 に 会 い た い ・
 受験 の 日 ま で    23  3 2 日 しか な い の で す .
 一 生懸命 勉 強 に はげ ま な くち ゃ ね  ..

異常気象なのか、二月の冷たい雨はまだ降り続いていた。

>す ご い ん で す よ .水 害 で す よ

”水害”ですよと、大したことのない話を大層な事件であるかのように大袈裟に触れ回る近所の主婦みたいな口調で報告をする、キョーコさん。

>水 の 行 き 場が なく て 路 上 に た ま っ ち ゃ っ て ,* は い水 路 が 雪で ふ さが  っ て い る の で 水 が 流れ る こ とが 出 き な い ん で すよ 。 

積もった雪で埋まった排水路。そこに季節外れの雨水が大量に流れ込むも、水の行き場がなくて、路上に水が溢れ出した。

>小 林 の 前 な んて   雪 と 水 が ま じ っ てい る よう な  水 の 方 が 多 い  水 が た ま っ て い る ん で す

よくやる”さん”のつけ忘れか、食料品屋のことなのか、ある場所ではとにかく水が大量にたまっていたのだという。

>あ いて ない 所 は  池  ,  川 で す よ .  路上 が 川 にか わ っ て ゆ く  .、  ひ ど い も ん だ ねえ

水の逃げ穴があるところは無事だが、それがない所はもはや道ではない、池、川、なのですと、レポートでもしてきたかのように説明してくれる、キョーコさん。自分の家の前は小川が流れているし、砂利で水捌けも良さそうなので、いうなれば他人事。実際は面白がってみているが、不謹慎なので、心配そうなふりをしているのかもしれない。

>宮脇 君 家が  水 害 に あ っ ちゃっ たんだ っ てか わ い そ う

今回のことで、「水害」という言葉を覚えて早速活用してます、みたいな使い方をしている、彼女。キョーコさんが火事の野次馬みたいにはしゃいでいた二月の洪水、付近の住民は今も憶えているのだろうか。

>受験 の 日 ま で    23  3 2 日 しか な い の で す .

本命校の受験日まで、残りあと32日。



1c
  私  社会 は  大 き ら い で す 、  死 ね ,
  社会 は き ら い  ,  き ら い  大 き ら い  ,  く たば っ ち ま え
  なくなっ ち ま え,   クソ タ レ バ カ !社会 は 大き ら い .
  もう   、社会 の授業 が  き ょうふ に な っ た , 恐 怖 じ ゃ  .
  恐怖 じゃ  ,  社会 なぞ な く な っ て し ま ぇ .  ア ホ  .
  1:0 0 に な っ た . 今 日 は  *** 南 こ う せ つ の
  オールナイト・ ニッポ ン だ け ど   聞 いて ら れ ん だ ろ う な あ、
  もう いや じ ゃ  ,  金山 君  お しえて よ 。
 * 金山君 . . . . . .   あなた 貴方 は い としい 人 ・ - -   - ,
  もし 貴方 と つき 合 えたら  , , ,  貴方 の そ ば に  い ら れ た ら、
  ・ ・・・ ・  私 は な にもの ぞ まな い  ・   それ だ けで し あわ せ
  だ ろうか ら ,  もし  .  貴方 の そば にい ら れた ら  _  _   _  _  _
  金山 君  . . .   私は 馬鹿 な ん です  .  馬 鹿 な ん で す   ,
  今* の 私 に は   、   貴方 が 好 きだ とし か 言 えま せ ん 、
  あ     あ ・   早 く ギ タ ー  ひ き たい .  弾き た い よう     !
  金山 君 は  ギ タ     ひ い て る か し ら . 勉 強 し てる
  か な?  あ と  一ヶ 月 しか な い も んね ぇ  ,  み ん な
  一生懸命 に 決ま っ て い る わ よ ね              !
 しんけん じゃ な い の は  私 だ け . _ ,  _  馬鹿 だ か ら ,   お や すみ 。

今の時代の人と同じ文脈で”死ね”を使う、時代に先んじていた感のある、キョーコさん。この当時、死ね、とは、例え本当に殺したいとか死んで欲しいとは思わなくても、憎悪する相手に罵倒する表現として使っていたものではなかったか。閉ざされた空間でたったひとり悶々と言葉を紡いでゆくなかで、暇もあって言葉遊びをしたり試したりで、豊かな言語表現が磨かれていったのかもしれない。

>社会 の授業 が  き ょうふ に な っ た , 恐 怖 じ ゃ

社会の授業ができないあまり、先生からキツイ言葉でも浴びせられて、皆の前で大恥をかいたらしい。受験のテスト日まで引きずりそうなあからさまな嫌悪感を示す、彼女。

>南 こ う せ つ のオールナイト・ ニッポ ン だ け ど   聞 いて ら れ ん だ ろ う な あ

南こうせつには興味のカケラもない口ぶり。深夜の習慣として惰性で時計代わりに聴いているのがミエミエ。学校で話題になり会話に入れないのも淋しいから仕方なくというのもありそう。

>貴方 の そ ば に  い ら れ た ら、・ ・・・ ・  私 は な にもの ぞ まな い  ・   それ だ けで し あわ せ

受験も追い込みに入った。こんなことでも言っていないと、プレッシャーに押し潰されてしまうのだろう。心底愛していれば、彼を追いかけて同じ高校を受けたはず。誰かに精神面だけでもすがりついていないと、心の均衡を保っていられないのだ。

>金山 君  . . .   私は 馬鹿 な ん です  .  馬 鹿 な ん で す

自分は馬鹿だと言いながら、金山君より上の高校を狙っているキョーコさん。自分に鞭打って追い込んでいくことでやる気を促すという駆け引きをひとりでやっている。草原の中の一軒家で自然と身についた知恵なのかもしれない。

>あ     あ ・   早 く ギ タ ー  ひ き たい .  弾き た い よう     !

晴れて合格をしたら、窓を全開にして、牛舎の牛に犬に聴かせてやる勢いでギターを弾くんだと、それだけが楽しみで、辛い今を乗り越えようとしている、キョーコさんだった。残り、一ヶ月   



 ここにきて受験勉強は過酷を極め、連夜のように勉強に励みオールナイトニッポンを聴くキョーコさんだが、吉田拓郎はよしとして、もう一人の人は今では消えてしまった人か。地元に帰ってご活躍されているのか。

 もうすぐバレンタインデー。チョコをあげる人はいないと言い、珍しく弟の名前を出して、ゆたかと一緒に食べるさみしいバレンタインかぁ、と、そこには、高校に受かって来年こそはというしたたかな闘志が透けて見えていたかに感じられた。

 しっかりやっていそうだったが、受験勉強に身が入らないと、キョーコさんは弱音を吐く。気づくと、テレビをみて、けん玉に夢中になっていたり。

 金山君、どうぞ高校に入ってご活躍下さい。キョーコさんは自分のあまりのやる気の無さに、禁句として口にはしないが、もしもの時のことを考えている様子で、暗にほのめかしながら、たら、を多用し、逃げ道を探っているようなのだった。


 

つづく…

「受験より愛を叫ぶ、少女」廃屋に残された少女の日記'79.15

こんな記事も読まれています