廃ガソリンスタンド-540
 廃墟ガソリンスタンドの事務所の表のドアは閉まっていたが、裏のドアは奇跡的にも開いていた。この中を見ない理由は無いので、平身低頭、見物させてもらうことに   

 窓とガラス戸の向こうは道路を一本挟んで寝具店が営業中。うら寂れた商店街、寝具店の店主はどうせご老人に違いないだろう。数十年も廃墟のガソリンスタンドの事務所に人影があったとしたら、故志村さんの霊とまでは思わなくても、驚かれて暇な年寄りが大ごとにしかねないので、見つからないよう、中腰での探索に徹することにした。

 ガラクタばかりでロクなものが無さそうではあったが、



廃ガソリンスタンド-541
 ホンダのスーパーカブを発見。

 日本人の賃金が世界と比べて(特に東南アジア)相対的に低くなってしまったため、最近またスーパーカブは日本生産になったが、少し前まではタイで製造されていた。しかし、日本のホンダの熊本工場で生産されていた頃とは違い、タイ製のスーパーカブは不具合が多数報告され、かつて神格化されていた故障知らずの”スーパーカブ買ったらノーメンテナンス神話”は脆くも崩れ、だからか、郵便局や新聞配達員に愛想を尽かされたのか、彼らはこぞってスーパーカブからヤマハのスクーターに乗り換えてしまった。昨今、街中でスーパーカブに乗るのは、サブカル気取りのニワカバイクファンぐらいのものである。

 このスーパーカブ、紛れもない、日本国製造の、質実剛健、安くて壊れない、庶民のための、本田宗一郎のDNAが産み落とした、真のスーパーカブ。故人の墓碑として、あと何十年もここにあることを、願ってやまない、僕   



廃ガソリンスタンド-539
 事務所裏のドアから出て壁伝いに進むと郵便受けが開いたまま。

 廃墟ガソリンスタンドのオーナー様は「志村喜一郎」さんというらしい。最後に彼に届いたこの郵便物は、生命のエネルギーをもたらす仏像がどうたらとかいう、いかがわしい仏像の購入を勧めるダイレクトメール。皮肉なのか、間に合わなかったのか、なんともやりきれない思いがして、ただぼうっと、しばらくの間僕は切手の絵柄を見つめていたのだ   



廃ガソリンスタンド-543
 背後には、西洋風のモダンな家が。

 何十年も前に白のBMWを乗り回し、豪華な注文建築の自宅に住まわれていた、オーナー店主に何があったのか。

 息子は、孫は、どこで何をしているのか。

 廃墟「旭山ドライブイン」の記事では、コメント欄でお孫様が直々にご連絡をくださり、オーナー夫妻の妻は亡くなられたものの、お祖父様はお元気にしているようで、一家で僕のブログの更新を楽しみにしていると、そのような喜ばしい誇らしくもあるお便りをもらったばかり。

【御一家も堪能】解禁、カズ少年の見守る峠の廃墟ドライブイン

 ここもそうなればと、病み上がりながら、ペンを持つ指に一層力が入る。

 ダイレクトメールの切手の絵柄を舐めつくすように見終え、後ずさりすると、左方向の視界に何やら大きな塊   



廃ガソリンスタンド-542
 この僕が、バーンファインド、してしまったらしい。

 熟知してさも前から使っているような「バーンファインド」という言葉、恥ずかしながら、つい最近知って覚えた言葉です。

 納屋などから死んだ爺さんの貴重な車が発見されることをそう呼ぶとか。

 最近では日本で、やはりお亡くなりになったお爺さんの息子か孫が農家の納屋を整理していたところ、埃をかぶったボロボロのフェラーリが出現。限定の貴重なフェラーリだったらしく、海外のオークションで二億円で落札されたことがニュースになっていた。

 先日も、ツイッターでみましたが、納屋からハコスカのスカイラインGTRが出てきたと孫が興奮気味につぶやいていた。でもその孫「これって、貴重なんですかね」と、カマトトぶっていたが、このスマホ全盛期の時代、ちょっと検索をすればわかるのに、実にわざとらしい。添えられた写真を見ると間違いないので、事実だろうけど、おそらく前から納屋にGTRがあったことは知っていて、知らなかったと装って劇的な演出をくわだて、注目を浴びたかったに違いないだろう。



廃ガソリンスタンド-408
 セダンタイプ。リヤピラーにチェッカーフラッグのエンブレム。スポーツバージョンだろうか。

 Sが三つ並んでいるので車名は大体わかったものの、僕が知っているそれとは大部違う。古過ぎ。

 前後のタイヤはいずれも空気が抜けていた。



廃ガソリンスタンド-411
 昭和57年(1982年)の車検証。

 ここが廃墟になったのは、表のBMWの年式からしても、この時代が濃厚だ。

 ちなみに、1982年といえば、ラッパーのZEEBRAの祖父横井英樹が経営する「ホテルニュージャパン」が火災発生で33人が死亡。中森明菜「スローモーション」でデビュー。最近、ステマが目立つワークマンが設立。ソニーが世界初のCDプレーヤー「CDP-101」を発売。

 回り込んで、前からみると   



廃ガソリンスタンド-413
DATSUN ダットサン

 この後、車のドアを開けて車内細密検証を行う。

 当然ながら、廃屋にもお伺いすることになった   



 しばらく更新をしていませんでしたが、当方、「回転性めまい」を発症し入院していました。実は、救急車で運ばれていたのですが、あまり心配をかけてしまうとどうかと思い、それは僕の柄でもないので、救急車のことは伏せていました。退院して完治とは言わないまでも、今は健康を取り戻しつつあります。たくさんのコメント、本当にどうもありがとうございました。




つづく…



なお、カイラスチャンネルの動画版も御座います...

こんな記事も読まれています