羽幌小-0335
 図書室の床にうず高く積み上げられていた学研の「学習まんが」シリーズ。

 薄暗くてジメジメと湿気のある廃校でいい大人の男がたったひとり、あまりにも懐かしくてまるで尊いものを崇めるように正座をしてハハァと神仏を拝むかのように思わず抱きしめかねない衝動を自制しつつ、時間にして約一分間間半、言葉をゴクリと飲み込んだまま、ただひたすらに背表紙を無心に眺め続けた    

 そいえば、この学習まんがで学んだ知識、先の将来でまるで役に立たなかったな・・・・

 マンガでありながら内容はれっきとした学習教材であったということもあり、クラスの学級文庫に置くことが許されていた唯一無二の存在であった。

 テレビ特撮のひみつ、レア度が高そうだ。



羽幌小-0341
 価値無しと判断されたのか、放置されたままの貴重そうなレコード盤や書籍類。



羽幌小-0338
江戸川乱歩の初年探偵シリーズ「電人M

コナン・ドイルの名探偵ホームズシリーズ「獅子の爪

 子供の不安心理をことさら煽るような影のある怪しげな表紙が廃校によく溶け込んでいる。
 


羽幌小-0339
 スマホとSNSが全盛の現代、今の子供はルパン三世さえ知らない子が多そう。



羽幌小-0350
 休み時間に争うように読まれたこれらの本も、今では誰にも見向きもされず、やがて時間とともに塵屑となり風に吹かれて飛ばされて、大気中をしばらく彷徨った後、滓として大地に降り撒かれる儚き運命を迎えることだろう。

 身の回りの書籍類の保存、率先してやって行きたいものです。



羽幌小-0345
 廊下に出ると黒板。

 計算式がいまだ書かれたまま。

 どういった理由で黒板が廊下にあるのか。

 映画「グッド・ウィル・ハンティング」では、大学の教授が廊下に設置してある黒板に生徒が解けそうにない高度な計算式を書いておいたら、翌日にいともたやすく答えが書き込まれているというシーンがあった。書き込んだのは清掃員のウィル・ハンティング(マット・デイモン)。

 この羽幌町立曙小学校でも、生徒間の競争意識を高め授業以外でも学ぶように仕向けるという、そんな先進的な試みがなされていたのだろうか。

 ここの用務員のおじさんは間違っても参加しなかっただろうけど。

 教室に入ってみた。



羽幌小-0354
 ダルマストーブに直結されていたであろう煙突が虚しく口を開けたままで残されている。



羽幌小-0355
 つげ義春風に言えば「シュールレアリズムの教室」。

 日直は大川隆法。

 「望郷」を書き込んだ人、この学び舎から巣立った元生徒さんだろうか。

 これを前にして、いろいろと思うところがあり、その二文字がやっと出てきたのでしょう。



羽幌小-0351
 名前やかかり、部、クラス、が書かれている。

 クラスなんてそんなに多くなかったはず。

 全校生徒が六人だったのでは。

 名前以外は訪問者が適当に書き込んだのかもしれない。

 その証拠に『卒業していないけどきてみてなつかしい』なんて書いてある。



羽幌小-0349
よしみちゃん
みとべくん


 もはや絶滅したであろう、相合傘の落書き。



羽幌小-0356
 1990年(平成2年)4月のカレンダー。

 1990年といえば、『ちびまる子ちゃん』放送開始、神戸高塚高校校門圧死事件、任天堂「スーパーファミコン」発売、本田「NSX」販売開始、東京都多摩市にサンリオピューロランドが開園、など、バブル華やかりし頃。

 羽幌のこの小学校は世の中の浮かれた空気とは真逆で、静かにひっそりと歴史の幕を閉じたのか。

 最後の卒業式の日に、早めではあったが、先生がカレンダーを一枚、めくった。

 来月にはもう誰もめくる人、いないものね    



羽幌小-0346
 教室の奥には、脳裏にいつまでも刻み込まれそうな、理解し難い奇っ怪で独創的過ぎるオブジェが捨て置かれたかのように残されたままだった    




つづく…

「アートに支配された学校」ごっそり残された、廃墟小学校.4

こんな記事も読まれています