24 725
 部から心はすでに離れているものの、あの人の顔を拝めるならと、放課後の部活に参加をした、キョーコさん。

 物理部の活動はどうでもよく、それよりも、念願のあの情報を聞き出す事に成功する。

 掛居部長の生年月日だった。
 
 そして、明日からは、キョーコさんの生活が激変するのだという。

 姉の史之舞のアパートに住むことになったのである。

 小学生や中学時代の、かつて好きになった人達とはもう、汽車内で見かけることはない。

 バス通学になるのだから。

 バスの車内で遭うチャンスがあるのは、そう、掛居部長。

 姉史之舞のアパートから通学をする初日。

 早くもバス停付近で掛居部長を見つけ、いわ内さんと一緒に彼を追いかける。

 すし詰めの車内。

 キョーコさんの真横には、掛居部長。

 肩が触れ、温かかった、と。

 竹さんを初めてみるが、その人、姉史之舞に片思いなのだという   
 


9a
9b
1999年 5月9日(水)11:50

今日は 部活がありました。物理部ですよ。
少し集まってまして .. .... 部長の誕生日 わかっちゃった。
S36.7.23ですよ。ニッタ                 !掛居先ぱいの
字って かわいい コロッと した字なのダ!

いつみても おもしろい 顔。掛居先ぱい大好き.
小豆畑君も好き A組の人も好き。
明日から 史之の 所から かようのです.
もち バスでね。
これからは 汽車 時間を 気にしなくてもすむ
のです。ウッシ           ! 掛居先パイ.
掛居鷹之君 ..。私は だいぶ おかしい ,
でも ... あ ~ 明日から 金山君の顔も,渡辺君の
かおも , 宮脇君のかおも , アキラ君の顔も
見らんねくなる ~~~。 さびしいねぇ.
でも 掛居先ぱいに きたいをかけよう.
ぜったい 相手を見つけたいなあ.
一人じゃ さびしいもん。
あ ~~~ 明日 遅こくしないようにしよう.
それでは . .. .. . 今日の物理部 ... 多少しらけた.
掛居先ぱいと チョー先ぱいがいいね , 大好き 、
部長サン .. 掛居先ぱい。 おやすみ ,

掛居部長の生年月日が判明する。昭和36年生まれとなっていて、改めてこの日記が、廃屋にしまってあったのだなと、つくづく思い知らされる。躍動感のある文章を読んでいると、現在進行形と錯覚してしまうけれども。
 
>小豆畑君も好き A組の人も好き。

人見知りというか、ポツンと一軒家の境遇に育ち、近所の子供達で集まって遊ぶようなことをしてこず、寂しい人間関係でこれまでやって来たキョーコさん。一転して、高校では、クラスの皆と溶け込んでいる様子。

>明日から 史之の 所から かようのです.もち バスでね。

草原の中の一軒家からの汽車通学は、やはり、無理があったのか。年頃の少女になって、変質者から身を守る必要もあったのだろう。親が車を出せないとか気象条件によっては、日が暮れてから数十分も一人で歩かなくてはいけないことも考えられるのだから。

両親とキョーコさんの出した答えは、姉史之舞との共同生活。駅チカのアパートからのバス通学であった。

>これからは 汽車 時間を 気にしなくてもすむのです。ウッシ           !

なぜか最寄り駅ではなくて、早朝に遠くの駅まで行ってから汽車に乗ってと、そういった煩わしさから開放されるとあって、ご機嫌な彼女。当時は賑やかだった駅前の繁華街に住むことも、雄叫びをあげたくなるまでの歓喜ぶりの理由に違いない。

> あ ~ 明日から 金山君の顔も,渡辺君のかおも , 宮脇君のかおも , アキラ君の顔も見らんねくなる ~~~。

後で思えば、このことが、かえってキョーコさんを精神的に成長させたのかもしれない。いつまでも小学校時代や中学時代の男子の残像に取り憑かれたように、過去ばかり振り返っていた、彼女。彼らを断ち切ることで、掛居部長という、健全な未来志向の目標に向かって前進し、成長をすることが可能となる。

>掛居先ぱいに きたいをかけよう.ぜったい 相手を見つけたいなあ.一人じゃ さびしいもん。

日陰のマイナーな物理部とはいえ、部長にまで上り詰めたお人、そういう目で見ているので、私に振り向いてくれるなんて、とてもじゃないけど無理と、なかば諦めている彼女。憧れとして高過ぎる目標として掲げておいて、実際は、身の丈に合った同級生の彼氏を絶対捕まえてやるという、内なる野心を密かに抱いているであろう、彼女。

おやすみの挨拶。もう、ゴダイゴのトミー・スナイダーでもなければ、金山君の『か』の字も出てくるはずもなかった   
 


10a
1979年 5月10日(11日) 1:10

今日は 水ようでした。掛居先ぱいを
見たんです. いわ内さんとバスていに
行くと 掛居先ぱいが いました。
初めに会ったのは 北ようバスていの所で
私らは あとをついて行ったんです.さ!
バスが 来て . ... こんで たけど むりしてのって
ギューギューづめ. 私のよこには掛居
先ぱい, かたが ついてたりして . . . .
ニタ .. . でも すごく あったかった ・ ・
あせが 出てきてしまった。 ”どころで
おりるのよ ・・ 駅か? ” てきくから ・・ ・
”いいや , 十字がい” と こたえた ・ ・ ・
先ぱいも 十字がいで おりた。
身長170 ちょっと だっけ ・ ・   ・ ・
そんなに 大きく 見えなかったけど

汽車通学が終わりを告げ、待望のバス通学の日。

早速、キョーコさんは掛居先ぱいの姿を見つけることになる。

>私らは あとをついて行ったんです.さ!

我が組を好きだと漏らしたキョーコさん。憧れの人”掛居”先輩のことをあけすけに言える仲なのであろうか、いわ内さんと一緒に後をつけたのだという。

>ギューギューづめ. 私のよこには掛居先ぱい, かたが ついてたりして . . . .ニタ .. . でも すごく あったかった ・ ・

今では信じられないことなのだろうが、通学のバスは立錐の余地もない程にすし詰め。混んでいるのに無理して乗ったのは、あわよくば、の計算が働いたのかもしれない。

事はうまく運んで、いや、無理やり部長の肩に体を押し付けていったぐらいの勢いはあったか。

一言、温かかった、と    

変な汗が出たと、キョーコさん。

部長と部員。もう知った顔になっていた。

> ”どころでおりるのよ ・・ 駅か? ” てきくから ・・ ・

どうやら、下校時のことだったらしい。

沈黙もあれだし、退部されたら困る貴重な女子部員キョーコさんに、愛想の少しでも振りまいておこかと、声を掛けてみたのか、掛居部長。

皆、十字街で下車をした。

函館にもあるけど、北の地ではよくある地名なのか。

掛居部長の身長170cmちょっと。キョーコさんからは大きく感じるのかもしれないが、まぁ、普通である。



10b
そのうえ . . . バスの中で 屋根に ....
あの ギュー ギュー づめの バスの中で ・・ ...
物理部 と書いたのですヨ!
こんじょう。私は 先ぱいを おって行き
たかった .. . でも ... できないもん。
今日, 停車場 に行って インベダー
やって 2100点 いったのだ。
今までの最高ね。
今日 ・・ 初めて 竹さんを 見ましたよ。
イメージと ちと ちがっていた . ...
竹さんは すこし 史之のこと思ってる
なやんでる . _ _ _ やさしく .. . いい人だと思った、
本当にいい 人だよ , スゴクね .
今日、あの A組の人の名がわかった。
小宮君だって ..。ついでに今日 ゆめで
生物部の部長のゆめを 見てしまった ・・・
私ってだいじょうぶ だろうか。おやすみ.

異様に承認欲求の強い人であったのか。

日陰の存在の『物理部』を、陽のあたる場所に引っ張り出して、物理の素晴らしさを多くの学生に説きたかったのか。

掛居部長、キョーコさんも引くぐらいの、奇行に走ったのだという。

>バスの中で 屋根に ....あの ギュー ギュー づめの バスの中で ・・ ...物理部 と書いたのですヨ!

さしたる宣伝効果の無いことは、書いた本人が一番良く知っている。塵も積もれば山となる。また、俺は涙ぐましい努力をしているのと同時に、堅物ではなくて、時には掟破りもする、お茶目な兄貴みたいな存在なんだぜ、だから、辞めないでくれよな、なんていう、キョーコさんへのアピールだったのかもしれない。

>こんじょう。

呆れるどころか、根性があると、関心している、彼女。

>私は 先ぱいを おって行きたかった .. . でも ... できないもん。

同じ十字街で降りたものの、彼を追っかけて行ける程、まだ面の皮は厚くはなかった、キョーコさん。

>今日, 停車場 に行って インベダーやって 2100点 いったのだ。

紫煙漂う薄暗い場末の喫茶店「停車場 」。夕方になると一人で最近よくやって来る、制服姿もまだ初々しい女子高生。インベーダーゲームにぞっこん。マスターは、どんな目でキョーコさんを見ていたのか。
 
>今日 ・・ 初めて 竹さんを 見ましたよ。イメージと ちと ちがっていた . ...竹さんは すこし 史之のこと思ってるなやんでる . _ _ _ やさしく .. . いい人だと思った、

姉に片思いだという、竹さん。竹さん本人がキョーコさんに『あなたのお姉さんが好きなんです...』と言うわけがなく、となると、姉史之舞がキョーコさんに『竹さん、私に気があるみたい・・・』と吹き込んでいるのだろうか。

第一印象としては、良い人だと   
 
>ついでに今日 ゆめで生物部の部長のゆめを 見てしまった ・・・私ってだいじょうぶ だろうか。

A組の気になる人は、小宮君だった。

そして、物理部ではなくて、生物部の部長さんの夢をみてしまったという、彼女。さすがにこれは自分でも、気が多すぎでしょと、自身の恋愛観の締まりの無さが心配にもなってきた、キョーコさんだった。



 放課後部活動に行くと、女子三人と生物部の人が来て、トランプをやっていた。

 生物部の人、キョーコさんの夢に出て来た人。名前はまだわからない。

 気になって仕方がないのだという。

 生物部の彼に、心惹かれてゆく、キョーコさんだった。

 


つづく...

こんな記事も読まれています