仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:廃墟、死灰の『ホテルニュージャパン』

 ホッキ貝の漁獲量が日本一だという、北海道の苫小牧市。苫小牧漁港にはB級グルメ愛好家に有名な「マルトマ食堂」があり、ホッキ貝のお刺身定食や、一番の名物「ホッキ貝カレー」を求める人でいつも大変な混雑をしている。 僕もマルトマ食堂へは何回か行ったことがあるが、 ...

 苫小牧港沿いにひときわ目を惹く、その異様な姿を晒し続ける、建築死骸「ホテルニュージャパン」。 大概こういった場所は、サバゲーの聖地化となっていて、BB弾が床一面にぶちまかれていたりするが、どうやらここへは、あの鉄壁の壁がよからぬ侵入者をある程度防いでくれ ...

 客室階は3階からだった。  どこか大手の支店としてでも使用されていたのか、オフィス区画と思われる部屋。  道産子サラリーマンか、内地よりの転勤組か、気持ちの良い日差しをこれでもかと受けていた、大きな大きな窓。その全てが縁まで綺麗に削がれたかのように、割ら ...

 更に上へと    4階に来た。 4階の避難経路図。訪問者達の足跡が残されている。非常階段は建物の両端にあるということが確認できた。もし万が一、この瞬間に火事になったとしたら    ということもあながち無いとも言い切れないのがこの廃墟「ホテルニュージャパン ...

 5階にやって来た。またもやニダーのマーキング。流行りものも1年以上過ぎればうすら寒くなってしまうことを、この侵入者の書き手は知らないようだ。 荒らされ放題の雑然とした部屋。ちなみに、強い日差しが差し込んでいるこちら側が、オーシャンビューをのぞむ港方向の部 ...

↑このページのトップヘ