仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:アジア

 前の日に高齢の方のガイドさんから、「明日、参鶏湯(サムゲタン)が名物のレストランに寄りますけど食べますか?大変仕込みに時間のかかる料理ですので、前日からの予約制になります」と聞かれる。 ということはツアー料金に含まれていないということになり、追加料金が ...

 南北朝鮮半島を分断している「三十八度線」へ行くことに。 今はなき総合格闘技”プライド”のロゴ・マークのような絵が。板門店に行く途中にあった政治的意図の込められたポスターだ。珍しく英語表記でしてあるので、外国人旅行者へ向けたアピールなのだろう。「朝鮮は一 ...

 プロパガンダ映画の一場面をみているような授業見学を終え、校内を移動する。 日本の小中学校の体育館と比べると半分ぐらいか。純粋な客は僕ひとりだけ。子供たちは待ち構えていたようで、僕が体育館へ入るやいなや、演奏を始める。 数分すると、中国人観光客もやって来 ...

 北朝鮮の学校へ見学にやって来た。 例によってまた僕ひとりだけのために、これだけの人数の人達が集まって授業を行ってくれた。 この教室に滞在したのは十数分ぐらいだったか。僕が教室から出るのとすれ違いで、中国人団体客が騒がしくやって来た。 どんなに中国人がお喋 ...

 レトロな赤い自動車。旧ソ連か旧ユーゴのものっぽい。二階建ての市内バスもよく見かけた。あと、中国国境から平壌市内へ来るまでは、北朝鮮人民の本当の姿を見てやろうと、車窓を凝視していたが、畑が連綿と続く田舎町の風景の中に、自動車はごくまれにアウディのセダンが ...

↑このページのトップヘ