仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:バックパッカーは一人北朝鮮を目指す

 昔、テレビの特集でみた「ギアナ高地」の特集が忘れられなくて、いつかあのような世界中にある絶景をこの目でみてみたい、との思いを抱きながらも、うだうだと燻っていたあの日あの頃。 自分の環境や時代の移り変わりが急変したということもあり、”来るものが来たか”と ...

 日本国内で北朝鮮観光を取り扱っている旅行会社に「年末年始を平壌で迎えたいのですが・・・」と、とりあえず希望を出してみた    が、向こうもいろいろ事情があるらしく、その時期は催行をしていないとのこと。帰りは瀋陽OUTで中国国内の旅行も考えていたため、余裕を ...

 平壌駅行きの夜行列車に乗り込む。中国国内での寝台コンパートメント使用は、正確に言うと2回目。前回は北京駅から満州里経由、モスクワ行きのシベリア鉄道。その時のコンパートメントは、ベッドが縦に3台並んだ3人部屋で、今回の部屋と比べて半分ほどの狭さだった。当時、 ...

 北京駅発、平壌行きの夜行列車は、翌朝の8時過ぎに、丹東駅に到着。鉄橋を渡れば、すぐそこはもう北朝鮮だ。 ホーム上に免税店がある。 列車から降りて買い物をしている人は、例の黒スーツ姿の朝鮮労働党の人と思われる方々。 日本で言えば4tぐらいの規模の結構大きめの ...

 中朝友誼橋を列車が通過し、無事北朝鮮入国を果たす。程なくして駅に停車をする。 列車はすぐ動きそうもないので、寒風吹きすさぶ中、ホームに降りてみようと試みる。中国の国境から近い駅ということもあり、ホームの上には北朝鮮の兵士が等間隔に配置されている。列車の ...

↑このページのトップヘ