仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:昭和の栄華、廃墟ドライブイン『かどや』の夢

 洞爺湖を見下ろす、山間の国道230号線、北海道らしい長い直線でついついアクセルを踏み込み気味に、車を颯爽と走らせていると、廃墟徘徊者の視界に飛び込んで来たのは  遠目でもわかる、色はくすみ、所々が損壊気味、なんとか建物の体を保っている  廃墟ドライブインの ...





 建物周りをもう少し、周遊してみる。 紅白に色分けされたアーチ状の庇。その下の大きなガラスの窓には、オーナーより選ばれし絵心のある従業員によるものだろうか、ジャガイモを擬人化した手書きのイラストが描かれていた。素人然としたものだが、かなりの力作だ。 カウ ...

 入り口ドアに貼られていた、「のらくろ」のステッカー。「のらくろ」は田河水泡による戦前に描かれたかなり古い漫画だが、このステッカーの作風は一見して現代的に見受けられるし、キャラクターを使用している会社も「日本交通公社」ではなくてJTBになっている。 ちょと調 ...

 そこには、洞爺湖の美しい風景を庭の一部として内包し耽美さを追い求めた、今では寂しげな佇まいの、ガーデンテラスがあった。 ボール電球に柔らかな光が灯る頃、人々は洞爺湖の水面に怪しく照らし出された月明かりに見入る。 ”かどや”の名前に反して、店頭オブジェは ...

 カウンター内には、開け放たれたままの空の金庫、同じく缶のクッキーの入れ物などが、そのままに。 外に捨ててあったおもちゃや雛人形などの痕跡からすると、仲睦まじい親と子の温かい家庭環境がその時点では存在していたのではないかとも思われたが、この乱雑で余裕の感 ...

↑このページのトップヘ