仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:夕張廃墟世界、孤独探索

 夕張市内を散策していても、観光客はおろか、地元の人もほとんど見かけなかったが、夕張駅・駅前にある、SF映画の未来都市の建物のような”スーパー銭湯”にだけは、まとまった数の人の気配があった。 夕張の寂れた様子を半ば無意識に僕は『とんでもない過疎の町だな。住 ...





 ここもまた、北海道炭礦汽船の建物。「滝の上発電所」。 現在でも水力発電所として稼働中だとか。 かつての全盛期の北炭を象徴する、豪奢な赤レンガ造りの建物。 こちらはまだ現役ということもあり、テーマパーク化は免れていた。 漏電でもして火災を起こしているのを ...

 大夕張のゴーストタウンへ行く前に訪れたのが、ここ。 乱雑に生い茂った背の高い草木に覆われようかとしている”アスファルト道路”を進んで行く。 欄干の鉄錆はかなり激しいが、車両一台ぐらい通行しても、今すぐには倒壊なんてことはなさそうだった。 お城のようなも ...

 かつて、「炭鉱から観光へ」を合言葉に、巨額の予算を投じてテーマパークや大型スキー場を建設。「ゆうばり」の名を冠した国際映画祭まで開催をして観光客の誘致に努めたが、それらがかえって財政を圧迫し、夕張市は2007年に事実上の財政破綻となった。 僕が夕張の街に降 ...

↑このページのトップヘ