仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:廃墟、『チニカ山荘』荒くれ探索

 前回、積丹半島へ行ったのはもう数十年前のことで、まだ中学生の頃。 当時はまだ車やバイクの免許を取得できない年齢だったので、青春18きっぷや周遊券を使用して列車による北海道旅行をその頃は大いに楽しんでいた。 中学の冬休みを利用しての北海道鉄道旅行へ行ったあ ...





 『チニカとはなんぞや?』と悶々としながら、跳ねる小石が車のボディーを傷つけてしまうことに細心の注意を払いつつ、車を矢印の方向へ走らせていく    途中、手製の鳥居を発見する。 長期間、風をサイドより受け続け、歪んだ格好に。 石の並びはストーンヘンジでも ...

 施錠されたドアのガラス窓から見えたもう一つの光景。 立派に整った玄関だけを見れば、中に人の存在も十分あり得そうだった。 切り株にYの字型の細い枝が挿してあった。チニカ山荘従業員による手作りのようだが、帽子掛けか、あるいはタオル等の小物用室内物干しスタンド ...

 車で砂利道を進んで行き、辿り着いた時には想像もできなかった裏側の大惨事が明らかに。  管理人がいるかも・・・なんていう憶測は消し飛んでしまう。  二階部分の外壁が剥がれて前方に倒れ込む。  台風によるものだとしたら、被害を受けた時期は夏のオンシーズンと ...

 サンシェードを兼ねた食堂の白樺の木。そこに、桃岩荘Y.Hで発行されたと思われる「八時間コース完歩証明書」がなぜか何枚も貼り付けられている。 真夏のうだるような暑い日の一日。北海道とて、八時間も費やし徒歩で礼文島を一周でもしたら、肌は焦げ、全身発汗で服は生乾 ...

↑このページのトップヘ