仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地・・・探索記ブログ~ Dark tourism ダークツーリズム

カテゴリ:幻湖、森の上の廃墟「白鳥湖ホテル」

 息が切れてきたので休憩がてら、窓から外を眺めてみる。 未見の部屋はもう残り少ないはず。最後のラストスパートに向けて息を整えてから、余力を全て吐き出す勢いで、今いる部屋から飛び出た    夏の新緑をイメージした涼しげな床マット。 ここのホテルのトイレもこ ...





 宴会場の成れの果て。荒らされたのか、荒れたのか。 下は畳敷き。舞台に上がったりと、隅々まで歩き回って検証してみたいところだが、踏み入っただけで感じてしまった、危険な底抜け感    廊下には使われずのスリッパが散らばったまま。 舞台上の背景画は、名物オー ...

 当時の白鳥湖ホテル側から、最大限の配慮ともてなしを受けただろう新婚夫婦の”生々しい痕跡”なのでは?とも思ったが、よく見ると敷き布団が無い。過去の侵入者達による、含みを持たせた悪戯か何かだろう。めくったら何か隠してあったとか。 ビクター製のブラウン管テレ ...

清潔 迅速 加熱 冷却  苫小牧地方食品衛生協会が掲げる「食品衛生三原則」。 かつて、100%のミンチ肉にウサギの肉まで混ぜた食肉偽装事件で世間を大いに騒がせた食品加工会社「ミートホープ」の本社は苫小牧にあったのだから、今見てもただただ虚しいだけの掲示。どの口 ...

 湖畔にあった森の山肌を駆け登り、その頂(いただき)にあったのが、この白鳥湖ホテル。 丸太の輪切りを集めた形跡があるが、せめて、インテリアだけでも、ログハウス風にイメージ・チェンジを図ろうとしていたのか。 ここが建物入口正面であるとするなら、目の前に広が ...

 白鳥湖ホテルのフロント部分。 ここだけを拝見すれば、庶民的な旅館のようにも見える。 ガラスケース上に置かれていた、コミックボンボン。 収録漫画には、「SDガンダム」や「もーれつア太郎」のリメイクなど。核となる作品が見当たらない。こんな雑誌が売れていたのだ ...

↑このページのトップヘ