仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:港区虎ノ門、廃墟集落を行く

 森ビルが、港区の虎ノ門や麻布台エリアの土地を買収しまくったものの、バブルやその後の景気後退が理由で、再開発計画が遅れに遅れることになる。結果、昭和で時間が静止したままの巨大な廃墟町が、東京の超一等地に、そっくりそのまま取り残されることになり、現在に至っ ...





 東京都港区虎ノ門、巨大廃墟集落の一丁目一番地    さま~ずや徳光和夫、高田純次などの名だたる街ぶらタレントがここへやって来ない理由とは。 テレビメディアに大きな影響力を持つ「森ビル」が、古くからの住人の意向を汲み取らず、強引な地上げを敢行。地元の反発 ...

 港区の麻布台。 一帯は昼でも静まり返り、廃墟だらけのゴーストタウン状態。 蔦を纏った廃屋に漏れる電気の灯り。 よくよく見ると、「きんでん」という、六本木ヒルズなども受け持つ、相当規模の大きい、電気の施工会社の事務所であるとのこと。 その事務所の花壇の生 ...

 庇にガラス戸という、店舗らしき建物があったが、中は空で”ひとけ”はないということで、とりあえず、店の裏側に回ってみることにした。 勝手口のドアは勿論、閉じられている。 港区の路地の奥の奥の質素な木造店舗において、かつて、美容室が営まれていたということら ...

 港区虎ノ門のゴーストタウン内で唯一、営業中のクリーニング屋さんのある路地の最奥部まで行ってみる。 向かい合うどちらもがやはり廃屋の様子。 こちらの木造民家の古さはかなりのもの。 念のために電気メーターを確認したが、一ミリも動く気配は無い。 今にもレース ...

↑このページのトップヘ