仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:都会の秘境、森の中に眠る空き家群落

 ネット上にあったちょっと気になる書き込みに目を奪われる。日付を見ると、数年前のものだった。 写真には、貧素な空き家が三軒並んで写っていた。僕も聞いたことのある通り沿いに建っているという。 背後には森。 空き家といっても、溝口健二の「雨月物語」にでてくる ...





 聞き覚えのある名前の通り沿いにたたずむ、土壁で出来た半壊気味の古めかしい三軒並びの空き家。問題の集落は、背後にひろがる森の中にあり、三軒の空き家は結果的に、人目を欺くような、デコイの役目を意図せず果していたようだ。 わざわざ図書館まで行き調べてくれた人 ...

 事前のネット調査では見過ごしていた、アナザー廃屋集落を偶然に発見。 屋根から壁に覆いかぶさり増殖するヘデラの群生。 かち割れた大木とシュロの間には大胆にも縄が張られていていて、メタリックな不燃性の車のカバーが干してある。 車は無さそうなのに、どういった ...

 背中のカメラバッグを引っ掛けてしまい、ギギギッと、弓の弦(つる)のようにしならせ杭を若干傾ける。ここでオロオロしていてはひと騒動になってしまうので、プチンと背中で弾けて舞う砂埃が左頬を舞うのを感じるやいなや、体はそれより先にというぐらいに、必死に誰かか ...

 東京の街中、とある住宅街の森の中に人知れず眠っていた、空き家群落。 橋の上で唐傘を開いてバッチリ決め、写真に収まっていた謎の若者集団の一行、今度は落ち葉で埋まった公園にてご満悦の様子。 落ち葉を巻き上げて降らしてみたものの、案外砂でザラザラだなと、手も ...

↑このページのトップヘ