仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地、残留物

カテゴリ:乱された廃墟ロープウェイ

 関東に住む人が廃墟趣味に目覚めた時、『さて、どこに行こうかな』とあれこれ勘案をし、ギリギリ日帰りでも行けるし見応えもありそうだと、思い浮かべる最有力の大物物件が、この廃墟ロープウェイではないだろうか。 今回の同行者であるYさんとは、年末の時にすでにここへ ...





 グラフィティアーティストに荒らされたのは、観光がてらに気軽にアクセスできる「みとうさんぐち駅」の方だけだと思っていたら、こちらの「かわの駅」も惨たらしく派手な色彩のスプレー缶で、支離滅裂な、文字とも絵ともどうとも判別できないような落書きで汚されていたよ ...

 つい先日、SNSで集まった日本と中国の登山者達が不運にも遭難をしたという、ヌカザス山と三頭山からそう遠くない、奥多摩湖の湖畔の山林の中にじっと体躯を横たえたまま、静かに眠り続ける、知る人ぞ知る、廃墟ロープウェイ    ちょっとした気の緩みで頭から転げ落ちて ...

 廃墟ロープウェイの「かわの駅」の駅前は、今では誰も彼もが容易に立ち入ることが困難となったためなのか、荒れるに任せた耕作放棄地のような、森林化の一途をたどっているように見受けられた。 駅舎の壁面と窓。苔の侵食が緩やかのようで、確実に窓枠の縁取りから全身へ ...

 かわの駅での滞在が思いのほか長引き、こちらへ来る頃にはもう日も暮れようかとしていた。 対岸の、ここ「みとうさんぐち」駅は、制約のあるかわの駅とは違い、何を気にすることなく、堂々、踏み込んでいって見学できるのが嬉しい。 車を奥多摩湖目の前にある無料駐車場 ...

↑このページのトップヘ