仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地、残留物

カテゴリ:廃屋ノベル・Zig-Zag エレジー

自分の本当の気持ちに否応なく気づかされた均と、その想いに戸惑うキョーコ。不器用にぶつかり合う二人の想いは一体何処へ行きつくのか・・?均は息を切らせながら屋上への階段を駆け上ると、鋼製のドアを押し開けた。キョーコは屋上の手すりに腕をかけて、彼方の湖面に差す ...





乗客も閑散とした午後3時の通学列車。数人の男女の学生がところどころに固まって恋や部活の話に花を咲かせていた。[併せて読みたい]~「中3少女との間接キス」実録、廃屋に残された少女の日記.70~「おい、キョーコ。そのコーラ、もう飲まねえの?」タクミ(巧)が隣に座る ...

↑このページのトップヘ