仄暗いお散歩

廃墟 廃屋 事件現場 カイラスチャンネル(You Tube)

カテゴリ:神奈川県

 工場を通り抜けて、家族の住居部分。 砂壁が立ちはだかる床の間に、これは、バッファローの角だろうか。 時代的に、ご主人がキン肉マンの名脇役「バッファローマン」の熱烈なファンゆえに買い求めた可能性もあるが、定かではない。 いずれにしても、僕の人生において、 ...





 誰がどういう理由でこれらの物を放置した、或いは、放置しているのだろうか。 ローヤル最上階の中華レストランには、大量のエロい雑誌やビデオなどが残されていたのだ。 正直、雑誌はそんなでもなかったが。 エロビデオに関しては、生テープカセットのインデックス部に ...

 カミオン少年の家のトイレ前。 物置みたいな、耳障りな音が響き渡りそうな木製の引き戸。 昔の喫茶店にあったような、女性用を示すプラスティック製のプレートが貼ってある。 個人の家だったら男女兼用のはずである。使用実態もそうだったであろう。 わざわざプレート ...

 エントランスホール脇の残留物の山の中には、カズ少年の夢を言葉にしたであろう『サッカーノート』も一緒に置かれていた。 Jリーガーを皮切りにして、やがてはプレミアリーグに所属して現地の人も驚きの大活躍、そして、日本代表のユニフォームを着てワールドカップに出場 ...

 陶器製らしき、潰れた饅頭みたいな物に被さるちょっと重量感のある蓋を開けてやると、こんもりと入った灰が顔を覗かせた。 これが火鉢というもののようだ。 時代劇でしか見たことがなく、日常の使用品として実際に部屋に置かれているのを直に見るのは初めてのことだ。  ...

 妻のお出かけ用のとっておきの靴だろうか。 あまり使用された形跡はない。 廃油臭いプロレタリアート臭の染み込んだこの工場兼自宅内ではあまりにも異質な眩い光沢を放ち続けていた。 日曜日には、塗料だらけの作業服を脱いで、この靴を履いて、新宿の伊勢丹にでも出か ...

 ホテル「ローヤル」最上階の中華レストランに併設の男子トイレ。 壁のデザインと配色はどこか中近東風。 アンモニア臭は既に完全に抜けきっている。 便器から小便が迸り落ちる床付近は大抵変色しているものだが、ここでは見られない。実質稼働時間がそれほど長くないこ ...

 COLUMBIA製ステレオコンポーネントシステム。 略して「コンポ」と呼んでいたことを、今、思い出した。 転居先に持って行こうと、玄関先で迷ったのか。入り口付近に名残惜しそうに置かれていた。 二昔前ぐらいの少年にとっては夢の音響機器。これさえ手に入れたら、家に ...

 あのカズ少年の小学校時代の貴重な卒業証書をエントランスホール脇で発見。 順調にいっていれば社会人一年生、または、社会で相応の経験を積んで社会人としての立ち位置がようやく掴めてきた頃だろうか。 啓太君、お元気ですか。カイラスです。 Jリーグにその名が無いの ...

 物言わぬ、蓄音機。 照らすことのない、電灯。 Tシャツのほつれさえ縫えない、ミシン。 家族の途絶えた廃屋の底で、今も尚、語り続ける、性風俗雑誌。 言葉の持つ無尽蔵の力強さに、深く頷き、頁を掴む指先を強張らせる、僕    非処女はサイズ不足の不満を訴える  ...

↑このページのトップヘ