仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:廃 屋

 今思えば、本当にどうでもよかった「みどり荘」の見学を終え、ようやく本来の目的である「ピンクハウス」の前へとやって来る。 つい数日前、政府から「まち・ひと・しごと創生基本方針」案なるものが発表をされる。街中の思い出遺産ともいうべき、空き家をなかば強制的に ...





 一見すると平和そうなどこにでもあるミドルクラスの方々が集っているだろう多少なりともある程度の歴史の面影を感じさせる、とある住宅街    数十年も封印された廃屋の壁の内側を探索することになり、まず庭の調査を終える。次にはより一層荒れ果てた裏庭へと移動をし ...

 情報提供者より、「崩壊間際の、辛くも並びたつ二軒の廃墟アパートを、新宿の上落合で発見です。今なら、すんでのところで、撮影に間に合うかもです。でも、これからの梅雨を乗り越えられるかどうか・・・。是非、『退廃、空き家ファイル』入りの早急なご検討を   」と ...

 日曜のお昼過ぎだというのに、ここが東京か?とにわかには信じられないぐらいに人通りのない「昭和通り商店街」を進んで行く。 通りの両隣は店舗が歯欠けのように建っていて、更地がやけに目立つ。東京では最近やけに見ることができて少々うんざり気味の外国人観光客姿は ...

 物干しを吊るしていた紐の先にあったフック。 次にこの空き家内から物音が発せられる機会があるとしたら、強い風の日に、物干し竿がカランコロンと地面に転がり落ちる時か。  新興住宅地のような風景の並びに、たった一軒、昭和の面影を色濃く残す、家主やご近所からも ...

↑このページのトップヘ