仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:北海道

 湖畔にあった森の山肌を駆け登り、その頂(いただき)にあったのが、この白鳥湖ホテル。 丸太の輪切りを集めた形跡があるが、せめて、インテリアだけでも、ログハウス風にイメージ・チェンジを図ろうとしていたのか。 ここが建物入口正面であるとするなら、目の前に広が ...





 隣街に住んでいる姉の史之舞の家へ行き、二人でピザを食べにでかけたり、長崎屋で暇をつぶしたり、駅の地下街をさまよったりと、大いに日曜日を楽しんだキョーコさん。 さして娯楽のない地方都市の、さらに北の端の寂れようかとしつつあった、あの街のことである。お金を ...

   キョーコの実姉しのまい。しのまい隊長。名字は菊田。行間辺で牛ぽいをしていてた菊田家の遠縁である。その名が40年の時を経て幼子の口から語られた。しかし・・・・・・「失踪?」 金城が思わず叫んだ。いつも冷静な白河も思わず椅子を引いて立ち上がる。「ええ・・。子 ...

 キョーコさんが創作をしたある詩について、一部不明瞭な部分はあったが、僕はその部分を「スワロー(ツバメ)であると解釈をした。『月が 出  .風がふき .  フ ワ ロ ー  が なく   』 フワローとは・・・ 彼女いわく、彼女の今の今を表現したポエムであるらしいが、 ...

「おじょうちゃん、今、なんて!?何隊長だって!?」そう訊いたサブの声は興奮にかすれていた。 朽ちかけた日記に幾度となく足跡を残したキョーコの実姉しのまい。その名が40年の時を経て幼子の口から、しかも生身の人間の名として告げられたことに、白河もサブも戦慄に ...

↑このページのトップヘ