仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:東京

 度重なる風営法の改正により、パネル写真で部屋を選んで管理人と顔を合わせずに部屋へ直行だったり、鏡張りの浴室や回るベッドといった、いわゆる昭和のラブホテル様式のラブホは、現在は新規で建てることができないのだという。 今も生きながらえている昭和からのラブホ ...





 廃屋生き仙人さんはそっと僕の耳元で囁いた   「日本がリセットされるよ」と。 僕へ対して執拗に警鐘を発し、来るべきその日に備えて、準備だけはしておけよと、具体的な商品名などもあげ、日本の行く先を憂う男が、今日もその日への準備に余念がない様子。 数百坪は ...

 港区虎ノ門のゴーストタウン内で唯一、営業中のクリーニング屋さんのある路地の最奥部まで行ってみる。 向かい合うどちらもがやはり廃屋の様子。 こちらの木造民家の古さはかなりのもの。 念のために電気メーターを確認したが、一ミリも動く気配は無い。 今にもレース ...

 事前のネット調査では見過ごしていた、アナザー廃屋集落を偶然に発見。 屋根から壁に覆いかぶさり増殖するヘデラの群生。 かち割れた大木とシュロの間には大胆にも縄が張られていていて、メタリックな不燃性の車のカバーが干してある。 車は無さそうなのに、どういった ...

 最近、僕が特に注目をしているのが、都市部の住宅街を歩いている時などに、忽然と目の前に出現する、土地から収まりきらない濃い緑の茂みがまるで上へと噴出でもしたかのような豪快な姿を見せる、それでいて物寂しげな都会の街の中の孤独な森の存在。 荒んで険しそうで服 ...

↑このページのトップヘ