仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:廃墟

 こちらの終端には、まるで森に隠れているかのようなモルタル造りの家。 飛び込もうと思ったが、窓辺の様子や気配から人の営みを感じとり、あわてて引き返すことに。 アメリカのモーテル風の廃アパートの連なりがある路地を奥へ進んで行ってみる。 びっしり。 長いこと ...





 湖畔の廃墟ラブホテル「アリス」の城らしき建物の内部が見渡せる入り口に立つ    台所でせわしくルームサービス用の食事を調理しながら、時にはフロント用の窓口で受付業務をこなす。お婆ちゃんも駆り出されて、家族総出深夜問わずに大忙し。 電源のコントロールシス ...

 誰も入って行かなそうな街中の森に、飛び込ん行ってやろうという、大の大人がやるには倫理観を問われかねない、ともすれば恥ずかしくもある試み。 先日、前々からサブとして欲しかったカメラ、ソニーの「RX100M3」を購入したということもあり、試し撮りがてら、上から下ま ...

 廃墟ホテル「トロピカル」の四階。 上手いわけでもなく、なんの自己主張もなさそうな退屈な素人の絵が次から次へと    仲間同士で記号をつくり、それを理解できない人を遠ざけ、真っ当な評価を下されて傷つくことから逃れようとする。ますます身内の殻に閉じこもる彼 ...

 当時の白鳥湖ホテル側から、最大限の配慮ともてなしを受けただろう新婚夫婦の”生々しい痕跡”なのでは?とも思ったが、よく見ると敷き布団が無い。過去の侵入者達による、含みを持たせた悪戯か何かだろう。めくったら何か隠してあったとか。 ビクター製のブラウン管テレ ...

↑このページのトップヘ