仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:廃墟

 根室本線の西庶路駅と庶路駅の中間ぐらいにある道を山の方に曲がる。庶路川に沿うようにして這っているその道を心細いながらも進んで行く。 人家など無いのは北海道では毎度のことだが、深まっていく山の景色に不安は増すばかり。観光看板や案内板などは見掛けないし、こ ...





 虎ノ門の廃墟集落は、ほぼ全ての集落が奈落の底のような低い土地に肩を寄り添うようにして密集している。それを嘲笑うかのように見下ろし取り囲むアークヒルズの近未来的なビル郡。 廃集落から坂を登って行くと、まるで貧民街から抜け出すのを防いでいるかのような壁、廃 ...

 まだまだ続いていた、四階、血紋部屋の錯乱でもしたかのような振る舞いにより彩られた、自称、グラフィティ・アーティストによる、血しぶきの塗り絵    ドライヤー置きにも抜かりなく飛沫が。 ちなみに、僕は今の今まで、そうするから寝癖が出来てしまうのだという、 ...

 宴会場の成れの果て。荒らされたのか、荒れたのか。 下は畳敷き。舞台に上がったりと、隅々まで歩き回って検証してみたいところだが、踏み入っただけで感じてしまった、危険な底抜け感    廊下には使われずのスリッパが散らばったまま。 舞台上の背景画は、名物オー ...

 こちらの終端には、まるで森に隠れているかのようなモルタル造りの家。 飛び込もうと思ったが、窓辺の様子や気配から人の営みを感じとり、あわてて引き返すことに。 アメリカのモーテル風の廃アパートの連なりがある路地を奥へ進んで行ってみる。 びっしり。 長いこと ...

↑このページのトップヘ