仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地・・・探索記ブログ~ Dark tourism ダークツーリズム

カテゴリ:事件現場

 色味は褪せ、潤いを失って骨粗鬆症の骨のようになったカウンターや椅子は、いずれ自ら床に崩れ落ちてゆくのを、じっと息を潜めて待ち続けているかのようであった。 廃墟ラーメン屋に潜入を果たし、重い引き摺るような足取りで、ちょうど、店内半周の地点まで来た。 背後 ...





 遺体の発見されたラーメン屋の廃墟を求めて、埼玉県の春日部まで遠路はるばるやって来た。 ここまで来て、踏み入れられずに、外側から眺めるだけだったら、前の歩道でもんどり打ってのたうち回るところだったが、そう締め付けはきつくなく、黄色い規制線も見かけず、あっ ...

 半世紀以上も廃墟化していたというラーメン屋の店内にて、遺体発見のニュースがネットの片隅でちょっとした騒ぎになったのは、一年と少し前ぐらいのことだっただろうか。 映画「スタンド・バイ・ミー」を思いおこし、少年時代のゾクゾクするような好奇心が湧き上がりでも ...

 多摩川18歳全裸遺体事件の手掛かりを追い求めて、対岸まで足を伸ばして行ったものの、レトロな旧車群をただただ眺めるだけで終始し、無駄な時間を過ごしてしまうことに。 現在警察は、遺体発見現場より遡った上流の多摩水道橋のたもと付近を重点捜査中。それならばと、溺 ...

 警察が捜索をしていた付近の岸辺に建つ廃墟・・・のようにも見えたが、どうやら海の家ならぬ、川の家らしい。冬の間は休業中のようだ。 川沿いの野原の中に点在するかなり大規模な畑などは完全に違法性があるものだが、この建物は築”数十年”もありそうで、合法でないな ...

 十二月二日の午後五時半頃、川崎市の多摩川で、全裸状態の十八歳の少年が溺死状態で川に浮いているのが見つかる。 場所は、小田急線の登戸駅から近い水門付近の入江。職業不詳の十八歳の少年が仰向けで浮かんで死亡しているのを発見されたという。 警察は事件に巻き込ま ...

↑このページのトップヘ