仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、空き家、所有者不明土地、残留物

カテゴリ:事件現場

 廃墟厨房及び併設のカウンター設備を一周し、その終端まで来た。 おまえは、たかだか廃墟ラーメン屋の店内を一周するのに、何か月かかっているのか、という突っ込みも聞えてきそうだが、連続して同じ場所の記事を読んでも(作成しても)飽きるだろうとの判断により、この ...





 一部は撤去されたものの、川崎のとある河川敷にいまだ残る、在日朝鮮人の方による不法占拠部落。 子供の頃、狛江市付近の多摩川の土手ではよく遊んだものだった。河川敷には五本松と呼ばれる、その通り五本の松が植えられていて、映画撮影所が近いこともあり、その松の下 ...

 色味は褪せ、潤いを失って骨粗鬆症の骨のようになったカウンターや椅子は、いずれ自ら床に崩れ落ちてゆくのを、じっと息を潜めて待ち続けているかのようであった。 廃墟ラーメン屋に潜入を果たし、重い引き摺るような足取りで、ちょうど、店内半周の地点まで来た。 背後 ...

 遺体の発見されたラーメン屋の廃墟を求めて、埼玉県の春日部まで遠路はるばるやって来た。 ここまで来て、踏み入れられずに、外側から眺めるだけだったら、前の歩道でもんどり打ってのたうち回るところだったが、そう締め付けはきつくなく、黄色い規制線も見かけず、あっ ...

 半世紀以上も廃墟化していたというラーメン屋の店内にて、遺体発見のニュースがネットの片隅でちょっとした騒ぎになったのは、一年と少し前ぐらいのことだっただろうか。 映画「スタンド・バイ・ミー」を思いおこし、少年時代のゾクゾクするような好奇心が湧き上がりでも ...

↑このページのトップヘ