仄暗いお散歩

廃墟、廃屋、事件現場・・・ひとり探索記ブログ~ Dark Walking Tourism ダークツーリズム

カテゴリ:廃墟高層アパート戸別訪問、羽幌炭鉱跡

 北海道留萌の山の中に、草木に埋没しつつある、廃墟高層アパート群がある。 全盛期には、こんな山奥に当時の国民的大スター『三波春夫』がやって来て、リサイタルまでしたという、その羽幌炭鉱が閉山となったのが昭和45年。 この近代的なコンクリート製の炭住高層アパー ...

 羽幌炭鉱跡に残された廃墟高層アパート群。とりあえず全戸訪問をしてみたいと意気込んでみる。 もうすっかり慣れたけど、朝の山奥、森のような場所にたたずむ廃アパートにいるのは、自分、たったひとりだけ。 こう奥深い場所だと、ホームレスも住み着かないだろうから、 ...

 誰もいなくなった廃墟アパートを、大の大人が息を切らしながら、昇り降り。 人里離れた山の奥深くとはいえ、北海道の人のいなさ加減は、本当に心身を落ち着かせてくれるし、ふと頭をよぎる『俺は一体何をやっているのだろう』といった、一瞬呼び起こされる、生活の場での ...

 足を踏み入れたのは、大量の雑誌や新聞で埋め尽くされた、通称『雑誌ルーム』。 それぞれ発行された年代はバラバラ。年齢構成もバラバラ。 何故この部屋に一極集中して雑誌類が溜まっている理由は、今もって謎だが、そんな夥しい無数にある中から、とある一枚のちらしの ...

↑このページのトップヘ